キタノコマンドール

キタノコマンドールのメイン画像
基本情報
父馬 ディープインパクト 母馬 ベネンシアドール
生年月日 2015.02.12 馬齢 3歳
毛色 鹿毛 状態 療養中
馬体重 499kg (2018.05.10更新)
ファーム
Short Long
生産 ノーザンファーム
育成 ノーザンファーム
厩舎 池江 泰寿

常に落ち着きを払い、何事にも動じない性格で、利口そうな顔立ちからは貴公子の風格が漂っています。卓越した心肺能力を誇り、きつい坂路調教後でもすぐに息が整い、涼しい顔を浮かべています。まさに王者の遺伝子を持つ優駿です。
【旧名】ベネンシアドール2016【由来】命名者の名前とフランスの芸術文化勲章の最高位の名称より

■最新情報
出走レース:第85回日本ダービー・GI(5月27日、3歳オープン、東京競馬場、芝2,400m)=12着

5月1日に栗東トレセンに帰厩し、Cウッドチップコース、坂路で乗り込んで日本ダービーに臨みました。皐月賞時にプラス12kgだった馬体重は12kg絞れて490㎏に。調教の強度を上げたため歩様に少し硬さが出ていましたが、体はきっちりと仕上がっていました。レースは上々のスタートを切ったものの、少し前が窮屈になり、かかり気味になったこともあって、M.デムーロ騎手が手綱を引いて後方から運ぶ形になりました。1000m通過は8Rの1000万より遅い60秒8。先行馬が止まりにくい馬場だったこともあり、外から伸びたものの差を詰め切れず12着に敗れました。レース後の5月29日、右前脚の裏側に腫れと熱感が認められたため、栗東トレセンの診療所でエコー検査を行ったところ、右前浅屈腱炎と診断されました。全治1年以上の重症でしたが、池江調教師と協議の結果、過去の症例から十分に復帰の可能性があると判断し、現役続行が決まりました。今後はノーザンファームしがらきで再度エコー検査を行った後、北海道のノーザンファームへ復帰を前提とした長期放牧に出す予定です。(栗東トレーニングセンター)

※過去の掲載分は「所属馬全頭レポート」よりご参照ください。

■出走・入厩予定
出走予定日:未定 / 入厩予定日:未定

(最終更新日:2018年6月6日)

血統

ディープインパクト
ベネンシアドール
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キングカメハメハ
フェアリードール
Halo
Wishing Well
Alzao
Burghclere
Kingmambo
マンファス
Nureyev
Dream Deal
競走成績 戦 勝
  • ・GI 0勝
  • ・GII 0勝
  • ・GIII 0勝
×
×
×
ページTOPへ
閉じる