シスタリーラヴ2020

シスタリーラヴ2020 写真
満口

2021/10/05

募集2,000口 競走馬
出資金
7,800万円
性別 毛色鹿毛
ドゥラメンテ シスタリーラヴ
母の父Bellamy Road (USA) 生年月日2020/04/30
生産矢野牧場 育成ファンタストクラブ
予定厩舎池江 泰寿/関西 クラス---
体重486kg(12/07) 体高156.0cm(10/06)
胸囲177.0cm(10/06) 管囲22.0cm(10/06)
購入時
一口競走馬出資金
39,000
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
1,560
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

モンスターの半弟が満を持して登場 兄の背中を追い、そして超えてゆけ

■ピックアップコメント
2021年春、皐月賞と日本ダービーに出走を果たしたディープモンスターの半弟が、颯爽と募集馬に加わりました。父は2015年の2冠馬ドゥラメンテ。ディープインパクト産駒の兄と父は違っても、ダービーを狙えるスケールがあることに疑いの余地はありません。

推進力を生み出すに十分であろうトモの容量、凛とした立ち姿を決める飛節の力強さには豊かな素質がうかがえ、粗削りな面を残すシルエットには果てしない成長力が感じられます。名馬に多いとされる左後一白に、キリっと引き締まった顔つき。日本ダービーで穴人気を集めた兄以上の飛躍を遂げても何ら不思議はないでしょう。馬体のパーツは程良く引き締まっており、滑らかなトップラインには張りとしなやかさが感じられます。3歳春に緩さを残していた兄と比べ、完成度が早まる期待もかけられそうです。

■配合診断
父ドゥラメンテは2020年のファーストシーズンサイアーランキング首位に輝きました。サンプルは少ないものの、2021年の6月末時点でJRA2勝以上を挙げた14頭中11頭が牡馬。タイトルホルダー(弥生賞1着、皐月賞2着、半姉は菊花賞5着のメロディーレーン)、キングストンボーイ(青葉賞2着、半兄は皐月賞馬エポカドーロ)など活躍馬の弟が出世しているのは、本馬への追い風となりそうです。

カナダの古牝馬チャンピオンである母シスタリーラヴの産駒は、オーキッドテソーロ(JRA未勝利)、ダノンアレー(2勝)、ディープモンスター(3勝)と着実にステップアップしてきました。日本のリーディングサイアーで固めた父と喧嘩しないのが、北米血統である母の強み。父の能力を損ねない5代アウトクロスの配合には、健康面を増強する効果も期待できます。

(最終更新日:2021年12月06日)

近況レポート

  • 1月5日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後にウッドチップの1000m坂路を上がりました。ダート坂路より走りやすそうにしていました。ダク(速歩)では重そうな動きを見せますが、キャンター(駈歩)に行くとスイッチが入って走りも変わる印象です。スタッフは「ウッドだと余裕で動けて息も乱れません。キャンター以外の部分でもう少し軽さを見せくれたら言うことなしですが、まだこの時期なので無理はさせません」と話していました。

  • 12月29日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後、前の馬を追いかける形でダートの1000m坂路を1ハロン(約200m)17秒ペースで駆け上がりました。スタッフは「ダート坂路は負荷がかなりかかるので、最後は脚が上がっていっぱいになっていました。ただ1歳の年末でここまで調教負荷をかけられるところまで来たことを評価したいと思います。本当に来年が楽しみな馬です」と話していました。

  • 12月22日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後、ウッドチップの1000m坂路を上がりました。スタートから促すと、ハミに頼れない分少しのめるところが見られましたが、調教後はすぐに息が入っていました。スタッフは「1歳馬が少しずつチャンピオンヒルズに増えてきましたが、この馬の調教メニューが一番進んでいます。1歳馬らしい動きをしてる馬が多いですが、この馬は角馬場などで暴れる馬がいても全く気にせず運動できています。年末もペースを落とすことなく乗り進めていきます」と話していました。

  • 12月15日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後、ウッドチップの1000m坂路を1ハロン(約200m)17秒程度で駆け上がりました。スタッフは「体が絞れてさらに動きやすくなったので、最近は持ったままで坂路を楽に上がれます。自分からスッと動かないのは相変わらずですが、この時期に1頭で楽に調教できるのにこれ以上求めてはいけないと思います」と話していました。角馬場を回っていた際には、本馬を見た隣の厩舎長が「本当に1歳?」と驚く場面も見られました。

  • 12月8日 チャンピオンヒルズ

    角馬場の後にウッドチップの1000m坂路を駆け上がりました。1ハロン(約200m)17秒程度のタイムを楽に上がれるようになっており、走りにも余裕が感じられます。スタッフは「1ハロン15秒くらいなら抑えたままでますし、オーバーワークにならないようにしています。普段はおっとりしていますが、調教コースに行くとピリッとしてくるようになってきました。この馬はかなりいいと思います」と話していました。

  • 12月1日 チャンピオンヒルズ

    ディープモンスターの後ろについて、角馬場、ウッドの1000m坂路で乗り運動を行いました。スタッフは「フットワークが良く安定しています。角馬場では兄とは全く違い、まだまだ体をうまく使えていませんが、1歳なので比べるのはかわいそうですし、チャンピオンヒルズにいる1歳の中では抜けています。お兄さんと並んだ時はちょっとビクッとしたので、気の優しい弟とキレる兄という関係に見えました(笑)。同じメニューの間は仲良く兄弟で調教します」と話していました。

  • 11月24日 チャンピオンヒルズ

    ウッドチップの1000m坂路で、コンスタントに1ハロン(約200m)18秒程度のタイムを出しています。調教を続けても全くへこたれるところがなく、トモ高の馬体が少しずつ整ってきました。厩舎長は「どの古馬と併せても自分のリズムで淡々と走れますし、本当に1歳馬とは思えません。これなら年内にはもう一段階強い負荷を与えてもいいと思いますし、その調教を楽にこなせる体力がもう付いていると思います」と話していました。

  • 11月16日 チャンピオンヒルズ

    角馬場の後、ウッドチップの1000m坂路を1ハロン(約200m)20~18秒程度のタイムで、ホープインザダークと併せ馬で上がりました。スタッフは「坂路で併せても楽に上がってきますし、1歳馬とは思えない動きとスタミナがあります。無駄なことをせず、こちらが動いてほしい時に動けるので、調教中の頭の中も冷静で指示を待っているような感じです。本当に優等生だと思いますし、これからは古馬と併せていくことになるかもしれません」と話していました。

  • 11月10日 チャンピオンヒルズ

    1000m坂路をゆっくりと上がりました。前日に視察した池江泰寿調教師は「環境にもすっかり慣れて1歳馬らしからぬ雰囲気がありました。無駄な脂肪も取れてきており、北海道の時の印象とはガラッと変わってきました。その取れた部分を少しお兄さんにあげてほしいと思うくらいです(笑)。非常に順調ですので年明けすぐには15-15くらいできるのではないかと思っています」と話していました。

  • 11月1日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後に周回コースでハッキングを行いました。周回コースでも全く物見する感じはなく、非常にどっしりしていました。厩舎長は「既に全てに慣れているような感じなので、慣らしという感じではなく普通の調教をしています。騎乗しているスタッフからはキャンター(駈歩)の感じがいいと聞いていますし、非常に扱いやすいです。お兄さんとは全くタイプが違いますが独特の雰囲気があります」と話していました。

  • 10月27日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で運動した後に坂路を併せ馬で軽く上がりました。非常に優等生で物見せずに走れていました。スタッフは「すごくおとなしく、先導した古馬よりおとなしいくらいでした。もちろんまだまだ緩く、坂路では最後進んでいなかったですが、1歳馬の雰囲気ではありません。今からすごくしんどい調教がスタートしますが、この馬ならこなしてくれると思います」と話していました。

  • 10月21日 チャンピオンヒルズ

    到着後、熱発など問題はなく、現在は軽く乗り運動を行って環境に慣れさせています。1歳馬とは思えないくらいどっしりしており、古馬のような落ち着いた姿を見せています。厩舎長は「チャンピオンヒルズの今年の1歳馬の入厩第一号がこの馬でした。到着してすぐに池江調教師が見に来られ、期待をすごく感じました。まずは慣らし程度で乗っていますが全く動じる感じがないので、今週末に来る1歳馬のリードホース役としてどんどん調教を進めたいと思っています」と話していました。

  • 10月13日 ファンタストクラブ

    10月13日にファンタストクラブを出発し、15日に滋賀のチャンピオンヒルズへ到着しました。池江泰寿調教師は「今年の2歳の活躍馬はチャンピオンヒルズで1歳から育成した馬が多かったと聞いて、今年の1歳にはその過程を踏ませたいと考えていました。ただ、馬房に限りがあるので特別な馬しか連れてくるのは難しいです。先月馬を確認して、これなら大丈夫だと思い早期移動を決断しました。2歳夏までにはデビューして、ゆとりを持ったローテーションで成長を促しながら、大きいステージで走らせたいです」と話していました。

  • 10月5日 ファンタストクラブ

    乗り進めて馬体が崩れている時期で、トモが高く前バランスになっています。しっかり踏み込んで歩けており、坂路調教でバランスを変えると良くなりそうです。木村牧場の場長は「おとなし過ぎるくらいでしたが、今は反応があり扶助にも対応してきています。歩かせるとトモの踏み込む音がしっかり聞こえるので、現時点での走りの質はかなりいいと思います。1頭でも調教できるくらいおとなしく、1歳馬離れした雰囲気を感じます」と話していました。池江泰寿調教師も早めにチャンピオンヒルズに移動させたい意向で、近々本州に移動することも視野に入れています。

  • 10月1日 ファンタストクラブ

    角馬場で体を動かしてから、700m周回コースを3周しました。調教後にはゲート通過を行いました。落ち着いた様子でメニューをこなしていました。

  • 9月17日 ファンタストクラブ

    700m周回コースで乗り運動を行いました。同世代の馬は、洗い場で1頭につき2人がついていますが、本馬は既に1人で洗えるほど性格が穏やかです。

More

スペシャルムービー

  • シスタリーラヴ2020 2021/12/22撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

    2021/12/24

    2021/12/22撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

  • シスタリーラヴ2020 満口御礼!池江泰寿調教師お祝いコメント

    2021/12/14

    満口御礼!池江泰寿調教師お祝いコメント

  • シスタリーラヴ2020 2021/11/24撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

    2021/11/30

    2021/11/24撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

  • シスタリーラヴ2020 2021/10/21撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

    2021/10/25

    2021/10/21撮影:チャンピオンヒルズ現地視察

  • シスタリーラヴ2020 2021/10/5撮影:ファンタストクラブ現地視察

    2021/10/08

    2021/10/5撮影:ファンタストクラブ現地視察

  • シスタリーラヴ2020 池江泰寿調教師インタビュー

    2021/09/22

    池江泰寿調教師インタビュー

  • シスタリーラヴ2020 社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

    2021/09/13

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • シスタリーラヴ2020 2021/8/27撮影:ファンタストクラブ現地視察

    2021/09/03

    2021/8/27撮影:ファンタストクラブ現地視察

  • シスタリーラヴ2020 2021/8/5撮影:矢野牧場現地視察

    2021/08/09

    2021/8/5撮影:矢野牧場現地視察

  • シスタリーラヴ2020 PV2021

    2021/07/31

    PV2021

More

歩行ムービー

  • シスタリーラヴ2020 2021/7/16撮影:牧場長 矢野(やの)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/16撮影:牧場長 矢野(やの)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 池江泰寿Vol.2」

    2018/08/09

    「馬熱大陸 池江泰寿Vol.2」

  • 「馬熱大陸 池江泰寿」

    2017/11/24

    「馬熱大陸 池江泰寿」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

シスタリーラヴ2020 毛色:鹿毛 生まれ年:2020年
ドゥラメンテ 毛色:鹿毛
生まれ年:2012年
シスタリーラヴ 毛色:鹿毛
生まれ年:2008年
キングカメハメハ 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
アドマイヤグルーヴ 毛色:鹿毛
生まれ年:2000年
Bellamy Road (USA) 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2002年
Odylic (USA) 毛色:鹿毛
生まれ年:1994年
Kingmambo (USA)
マンファス
サンデーサイレンス
エアグルーヴ
Concerto (USA)
Hurry Home Hillary (USA)
Dixieland Band (USA)
Petite Diable (USA)
Mr. Prospector (USA)
Miesque (USA)
ラストタイクーン
Pilot Bird (GB)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
トニービン
ダイナカール
Chief's Crown (USA)
Undeniably (USA)
Deputed Testamony (USA)
Ten Cents a Turn (USA)
Northern Dancer (CAN)
Mississippi Mud (USA)
Sham (USA)
Taste of Life (USA)
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Nureyev (USA)
Pasadoble (USA)
トライマイベスト
Mill Princess (IRE)
Blakeney (GB)
The Dancer (FR)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
カンパラ
Severn Bridge (GB)
ノーザンテースト
シャダイフェザー
Danzig (USA)
Six Crowns (USA)
In Reality (USA)
Past Forgetting (USA)
Traffic Cop (USA)
Proof Requested (USA)
Cozzene (USA)
Rub al Khali (USA)
Nearctic (CAN)
Natalma (USA)
Delta Judge (USA)
Sand Buggy (USA)
Pretense (USA)
Sequoia (USA)
Dewan (USA)
Good Taste (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。