ストラスペイ2020

ストラスペイ2020 写真
残り約半分

2021/10/04

募集2,000口 競走馬
出資金
4,500万円
性別 毛色鹿毛
ドレフォン ストラスペイ
母の父シンボリクリスエス 生年月日2020/03/31
生産レイクヴィラファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎武 幸四郎/関西 クラス---
体重436kg(12/15) 体高155.0cm(12/22)
胸囲174.0cm(12/22) 管囲20.0cm(12/22)
購入時
一口競走馬出資金
22,500
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
900
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

勢いに乗るドレフォン産駒が初登場 スピードと仕上がりの早さで他を圧倒する

■キャンペーン
募集総額:4,500万円 募集口数:2,000口
一口金額:22,500円
15%キャッシュバック 3,375円(1月)
※ 上記金額は2021年度キャンペーンの対象として購入された場合です。
※ 全募集馬の購入順に 4 口までがキャッシュバック対象となります。
※ 2歳1月(2022年1月1日)より、会費及び維持費出資金が発生します。
▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2021/

■ピックアップコメント
2021年に産駒がデビューし、新馬戦開始から5週で4頭がデビュー勝ちを果たしたドレフォンの仔が新加入しました。4頭の中には芝1800mで勝ち上がったジオグリフもおり、一介のスピード種牡馬に終わらない懐の深さも垣間見せています。

母のきょうだいは自身も含め9頭がJRAで勝ち上がっており、その代表格が目黒記念を連覇し、ジャパンCと有馬記念で2着に入ったポップロック。スタミナ優位の母系だけに、その血をピリッと引き締めるのにふさわしい父だと言えるでしょう。

筋骨隆々とした馬体と適度に気合の乗った気性には父の良さが反映されており、キビキビとした歩様は活発な運動神経を感じさせてくれます。牝馬らしい切れ味を備えつつ、距離延長にも対応できる遊びの部分も残すとあれば、桜花賞、オークスへと進んでいく未来図がイメージできます。

■配合診断
父ドレフォンは米ブリーダーズCスプリントを制した短距離馬。Storm Cat系×Deputy Minister系の典型的なアメリカ血統で、2頭がディープインパクトをはじめとするサンデーサイレンス系と相性がいいことを考えても、日本の繁殖牝馬にマッチする種牡馬と言っていいでしょう。
Storm CatやDeputy Ministerが母系からスピードを供給したように、クラシックディスタンスの牝馬に加速力を加える存在になるはずです。

後継種牡馬エピファネイアを送り出し、サイアーラインを確立したシンボリクリスエスは母の父としても優秀で、レイデオロ(日本ダービー)、オーソリティ(青葉賞)、歴史的障害馬オジュウチョウサンなど、多数の重賞勝ち馬を送っています。荒々しさを残す父の血をしっかりと受け止め、Roberto系らしい持続力でゴールまで導いてくれることでしょう。

(最終更新日:2022年01月01日)

近況レポート

  • 1月8日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で駆け上がり、ラスト3ハロン17.1-16.2-17.3のラップを刻みました。

  • 12月25日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)16.2-16.2-17.5のラップを刻みました。

  • 12月20日 ノーザンファーム

    ピリっとしやすい気性のため、調教中にテンションが高くなり馬体があまり増えないタイプでしたが、少しずつ改善されてきました。歩様も滑らかで状態は上向いています。スタッフは「以前は調教中に馬を頼って進まなくなったり暴れたりしていましたが、今は精神面が安定してきたように感じます。1ハロン(約200m)16秒ペースまで年内に行い、その後少しゆっくりさせて成長を促します。調教の動きはいいので、集中すればいい走りを見せてくれそうです」と話していました。

  • 12月14日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭併せの真ん中で、ラスト3ハロン(約600m)16.6-17.0-17.2のラップを刻みました。

  • 12月8日 ノーザンファーム

    600m周回コースをキャンター(駈歩)で3周しました。順調に乗り込みを重ねています。

  • 11月29日 ノーザンファーム

    馬体重の変化はあまりありませんが、歩様が良くなりました。調教はしっかりこなせている印象です。厩舎長は「育成に移動してきた直後はひ弱で筋肉が付いておらず、走らせてもふらふらしていました。しかし調教を重ねてきて、馬にスイッチが入り、その中でしっかり調教できたこともあり、馬体の内側から良くなりました。踏み込みも以前よりすごく良くなったのでいい歩き、動きができるようになっています。ドレフォン産駒が活躍していてこの馬にも非常に期待していますし、これからどれだけ変わるか楽しみです」と話していました。

  • 11月23日 ノーザンファーム

    休養を入れながら乗り込みを続けています。この日は休養日で馬房でのんびりと過ごしました。

  • 11月16日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。集団で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)18.5-18.1-17.9のラップを刻みました。

  • 11月9日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。集団で1ハロン(約200m)18~19秒程度のペースで駆け上がりました。

  • 11月2日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。道中は少し落ち着かない様子が見られましたが、特に問題はなくメニューを消化しました。

  • 10月25日 ノーザンファーム

    600m周回コースで乗り進めています。今週末から来週にかけて800m坂路にも入れていく予定です。スタッフは「以前はうまく歩けなかったのですが、乗り進めて少しずつ力が付いてきてしっかり動けるようになってきました。スピードに特化しすぎていない分、現状では少し距離が持つような印象も受けますが、まだ力が付いてない段階なので、坂路に入れ始めてから特徴が出てくると思います。馬体が大きくなり、いい成長ができています」と話していました。

  • 10月13日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を行いました。馬体重は430kg台に乗ってきましたが、もっと増やせるように工夫しながら、ロンギ場で基礎運動を積み重ねています。

  • 10月4日 ノーザンファーム

    体が薄く気性面がうるさい印象でしたが、育成に入ってもうるさくならず、背中やトップラインにいい筋肉が付いて見栄えが良くなってきました。厩舎長は「来た時は薄いイメージでしたが、動きが良く、飼葉も食べているので身になっていて歩きにも余裕があります。テンションの高さを見せる時がありますが、パニックになることはないので、馬に合わせてゆっくり負荷を上げていけば問題ないと思います。耳の大きさや馬のしぐさを見ていると母の父のシンボリクリスエスが出ている感じもします。父シンボリクリスエスの牝馬は繊細な馬が多く、この馬にもそれを感じるので、まず放牧やパドック放牧で体を膨らませ、ロンギ場で基礎をしっかり教えていこうと考えています」と話していました。

  • 9月29日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を行いました。左右両回りでキャンター(駈歩)までペースアップしていきました。

  • 9月15日 ノーザンファーム

    ウォーキングマシンで運動を行いました。運動後は馬房でリラックスした表情を見せていました。

  • 9月6日 ノーザンファーム

    育成厩舎に移動して騎乗馴致を開始しました。少しテンションの高いところはありますが、扱う分には問題ないレベルです。スタッフの方は「まだ環境に慣れていないこともあり、少しキョロキョロしていて落ち着きがありません。まだどんな気性かつかみきれないところがありますが、ドレフォン産駒は前進気勢があり、気持ちが強い馬の方が結果が出ているイメージですし、そうなっていきそうな雰囲気もあります」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • ストラスペイ2020 2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/21

    2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/11/30

    2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/31

    2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/07

    2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 武幸四郎調教師インタビュー

    2021/09/23

    武幸四郎調教師インタビュー

  • ストラスペイ2020 社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

    2021/09/14

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • ストラスペイ2020 2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/09/08

    2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/08/09

    2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ストラスペイ2020 PV2021

    2021/08/02

    PV2021

More

歩行ムービー

  • ストラスペイ2020 2021/7/14撮影:厩舎長 藤春(ふじはる)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/14撮影:厩舎長 藤春(ふじはる)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 武幸四郎Vol.2」

    2018/06/01

    「馬熱大陸 武幸四郎Vol.2」

  • 「馬熱大陸 武幸四郎」

    2017/12/29

    「馬熱大陸 武幸四郎」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

ストラスペイ2020 毛色:鹿毛 生まれ年:2020年
ドレフォン 毛色:鹿毛
生まれ年:2013年
ストラスペイ 毛色:鹿毛
生まれ年:2009年
Gio Ponti (USA) 毛色:鹿毛
生まれ年:2005年
Eltimaas (USA) 毛色:鹿毛
生まれ年:2007年
シンボリクリスエス 毛色:黒鹿毛
生まれ年:1999年
ポップス 毛色:栗毛
生まれ年:1992年
Tale of the Cat (USA)
Chipeta Springs (USA)
Ghostzapper (USA)
Najecam (USA)
Kris S. (USA)
Tee Kay (USA)
サンデーサイレンス
ポップシンガー
Storm Cat (USA)
Yarn (USA)
Alydar (USA)
Salt Spring (ARG)
Awesome Again (CAN)
Baby Zip (USA)
Trempolino (USA)
Sue Warner (USA)
Roberto (USA)
Sharp Queen (USA)
Gold Meridian (USA)
Tri Argo (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Secretariat (USA)
Icy Pop (USA)
Storm Bird (CAN)
Terlingua (USA)
Mr. Prospector (USA)
Narrate (USA)
Raise a Native (USA)
Sweet Tooth (USA)
Salt Marsh (USA)
Jungle Mythologic (ARG)
Deputy Minister (CAN)
Primal Force (USA)
Relaunch (USA)
Thirty Zip (USA)
Sharpen Up (GB)
Trephine (FR)
Forli (ARG)
Bitty Girl (IRE)
Hail to Reason (USA)
Bramalea (USA)
Princequillo (GB)
Bridgework (USA)
Seattle Slew (USA)
Queen Louie (CAN)
Tri Jet (USA)
Hail Proudly (USA)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Bold Ruler (USA)
Somethingroyal (USA)
Icecapade (USA)
Calaki (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。