レッドオーヴァル2020

レッドオーヴァル2020 写真
残りわずか

2021/10/04

募集2,000口 競走馬
出資金
3,200万円
性別 毛色黒鹿毛
ハービンジャー レッドオーヴァル
母の父ディープインパクト 生年月日2020/04/04
生産社台ファーム 育成社台ファーム
予定厩舎斎藤 誠/関東 クラス---
体重424kg(12/19) 体高157.0cm(12/23)
胸囲178.0cm(12/23) 管囲20.0cm(12/23)
購入時
一口競走馬出資金
16,000
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
640
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

桜花賞2着馬の仔が期待のエントリー 母の願いを乗せ桜のヒロインを目指す

■キャンペーン
募集総額:3,200万円 募集口数:2,000口
一口金額:16,000円
15%キャッシュバック 2,400円(1月)
※ 上記金額は2021年度キャンペーンの対象として購入された場合です。
※ 全募集馬の購入順に 4 口までがキャッシュバック対象となります。
※ 2歳1月(2022年1月1日)より、会費及び維持費出資金が発生します。
▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2021/

■ピックアップコメント
実績豊富なハービンジャーの産駒がバヌーシーに満を持して登場しました。母は桜花賞2着、スプリンターズS3着の実力牝馬。その半兄ストロングリターンは2012年の安田記念をレコードで制しています。母系のクオリティーは極めて高く、本馬にもGI級のポテンシャルを見込んで良さそうです。母は馬体に緩さを残しながらクラシックで勝ち負けを演じました。

程良くパーツが締まり、芯が入った歩様を見せる本馬は、母以上に早くから活躍できそうな雰囲気を漂わせています。母が首差で逃した桜花賞制覇の夢を託したくなる素材と言えます。ストロングリターンの安田記念制覇が6歳時だったように、母系は成長力も十二分に蓄えています。

早くから活躍し、変わり身を何度も示す――。一口ライフを大いに満喫させてくれる、理想的な成長曲線を描いてくれそうです。

■配合診断
祖母コートアウトは曾祖母Smart Heiressが種牡馬Smartenの半妹という血統馬で、その母Smartaireの牝馬クロスを所有しています。産駒はデビューした6頭が全てJRAで3勝以上を挙げており、その中の1頭がディープインパクト産駒の母でした。米国血統のスピードにサンデーサイレンス系の瞬発力を加え、将来が大いに有望な繁殖牝馬と言えます。

Dansili×Beringの欧州血統である父ハービンジャーは、母の父ディープインパクトとの組み合わせから、ファルコンSを制したハッピーアワーや、リステッドの大阪城Sを制したヒンドゥタイムズを送り出しました。

高値安定の競走馬を供給し続けるこの母系なら、本馬が不発に終わる可能性は極めて低いと言えます。海外GIを制したディアドラ、ノームコアに続き、父の代表産駒に育っても不思議はありません。

(最終更新日:2022年01月01日)

近況レポート

  • 1月7日 社台ファーム

    年明けから順調に乗り込んでいます。体重はそれほど増えていませんが、背が伸びて成長が感じられます。馬房でのんびりと過ごしています。

  • 12月23日 社台ファーム

    600m周回コースで体をほぐしてから、1000m坂路で調教を行いました。併せ馬でラスト3ハロン(約600m)16.3-14.5-14.6のラップを刻みました。

  • 12月21日 社台ファーム

    一度崩れた馬体が現時点では最大限に固まり、シルエットがまとまってきました。マネージャーは「馬体重を見ると調教を続けるのはしんどそうだったので、休みを入れながら進めています。少しお腹に余裕が出てきましたし、バランスは崩れるどころかむしろ良くなっています。走るとまだトモがフラフラしていて、後ろから見ていても非力なのがわかるので、引き続き休みを入れながらメニューを組みます」と話していました。

  • 12月16日 社台ファーム

    600m周回コースで体をほぐしてから、1000m坂路で調教を行いました。併せ馬で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)18.1-16.3-15.6のラップを刻みました。

  • 12月9日 社台ファーム

    1000m坂路を併せ馬で駆け上がりました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは16.5-16.0-15.0でした。ここに来て調教のペースが上がり、早い組と同じくらいのタイムで坂路を上がってくるようになりました。

  • 11月30日 社台ファーム

    まだ体質の弱さがあり、熱発することもありますが、馬体重は少しずつ増えています。年内はそこまで強い負荷をかけずに、小柄な馬体の成長を邪魔しないように進めていきます。主任は「以前は乗り運動でおとなしく、扱うとチャカついている感じでしたが、今は乗り運動が元気で扱いはおとなしいです。ゆくゆくは気持ちで走るタイプになりそうな感じですので、今の育成の段階ではあまり攻めず馬に合わせてやっていきます。背中の使い方はすごくいいですし、相変わらずバネのある素晴らしいフットワークをしていますので、その点を伸ばせるようにしたいです」と話していました。

  • 11月25日 社台ファーム

    トレッドミルで調整しました。飼葉をよく食べて背は伸びていますが、体重の増加は緩やかです。

  • 11月18日 社台ファーム

    1000m坂路で調教を行いました。併走しながらラスト3ハロン(約600m)18.9-18.2-18.6のラップを刻みました。途中で併走馬がふらつき、そのあおりを受けましたが、立て直して問題なく走れていました。

  • 11月13日 社台ファーム

    この日は調教が休みでしたが、普段は1000m坂路を中心に乗り込んでいます。体は小柄ですが、調教メニューは順調に消化しています。

  • 11月4日 社台ファーム

    1000m坂路で調教を行いました。併せ馬でラスト3ハロン(約600m)19.3-17.3-16.7のラップを刻みました。その後、600m周回コースで運動を行いました。

  • 10月25日 社台ファーム

    馬に合わせて成長を促しながら調教を進めています。主任は「坂路で少し時計を詰めたら次の日に熱発して飼葉食いが落ちました。まだ体力が付き切っていないですし、冬毛も出てきたので今は攻めずにゆっくり進めていきます。周回コースのフットワークは相変わらず軽く、飛ぶように走りますが、長い距離は続けられず後半はハミにもたれてきます。時間をかけて基礎を作っていく形を取りたいと考えています」と話していました。

  • 10月15日 社台ファーム

    1000m坂路で集団調教を行いました。1ハロン(約200m)19秒台前後のペースで駆け上がり、コースに慣らしました。

  • 10月4日 社台ファーム

    馴致、乗り運動を行ってきましたが、9月半ばにトレッドミルで左前を少し外傷しました。つなぎに腫れが残り、休んでいた分毛づやが落ちましたが、近々運動を再開すれば馬体は変わってきそうです。マネージャーは「外傷でお休みした分、成長期間に充てる形にして無理をさせませんでした。馬体は薄く見えますし、扱う時も時折うるさいところを見せますが、背中の使い方は今年乗った牝馬の中でお世辞抜きに一番良かったです。調教中は走りに集中できて乗りやすく、フットワークも素晴らしいです。速めをするようになればさらに良くなるイメージですので今後が楽しみです」と話していました。

  • 9月25日 社台ファーム

    ロンギ場でキャンター(駈歩)調教を行いました。その後、600m周回コースに慣らすため、常歩でゆっくりと1周しました。動き出し直後は少しうるさい様子も見られましたが、その後は問題なく動けていました。

  • 9月9日 社台ファーム

    今週、育成の広瀬厩舎に移動しました。少し環境に戸惑う様子が見られますが、大きな問題はなく育成を進めていけそうです。

  • 8月31日 社台ファーム

    乗り運動と並行して放牧も行っています。疲れるくらい動けているためテンションが高いこともなく、厩舎ではゆっくりしています。主任は「一度教えなければならないことを教える時にプレッシャーをかけ、馬体重が減りましたが、思っていたより対応が早く馬体重もすぐ戻りました。現在は420kgを超えていて第一段階はすんなりクリアしてくれました。母系は馬体の作りが薄いタイプですが、この馬は体幹がしっかりあり、少し印象が変わってきました。牝馬のかなり早い組で進めていけそうです」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • レッドオーヴァル2020 2021/12/21撮影:社台ファーム現地視察

    2021/12/25

    2021/12/21撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 2021/11/30撮影:社台ファーム現地視察

    2021/12/04

    2021/11/30撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 2021/10/25撮影:社台ファーム現地視察

    2021/10/27

    2021/10/25撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 2021/10/4撮影:社台ファーム現地視察

    2021/10/06

    2021/10/4撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 斎藤誠調教師インタビュー

    2021/09/26

    斎藤誠調教師インタビュー

  • レッドオーヴァル2020 社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

    2021/09/17

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • レッドオーヴァル2020 2021/8/31撮影:社台ファーム現地視察

    2021/09/05

    2021/8/31撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 2021/8/6撮影:社台ファーム現地視察

    2021/08/09

    2021/8/6撮影:社台ファーム現地視察

  • レッドオーヴァル2020 PV2021

    2021/08/07

    PV2021

More

歩行ムービー

  • レッドオーヴァル2020 2021/7/14撮影:事務局 吉田(よしだ)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/14撮影:事務局 吉田(よしだ)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 斎藤誠」

    2018/07/04

    「馬熱大陸 斎藤誠」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

レッドオーヴァル2020 毛色:黒鹿毛 生まれ年:2020年
ハービンジャー 毛色:鹿毛
生まれ年:2006年
レッドオーヴァル 毛色:鹿毛
生まれ年:2010年
Dansili (GB) 毛色:鹿毛
生まれ年:1996年
Penang Pearl (FR) 毛色:鹿毛
生まれ年:1996年
ディープインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2002年
コートアウト 毛色:鹿毛
生まれ年:1998年
デインヒル
Hasili (IRE)
Bering (GB)
Guapa (GB)
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
Smart Strike (CAN)
アザール
Danzig (USA)
Razyana (USA)
Kahyasi (IRE)
Kerali (GB)
Arctic Tern (USA)
Beaune (FR)
Shareef Dancer (USA)
Sauceboat (GB)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
Mr. Prospector (USA)
Classy 'n Smart (CAN)
Nijinsky (CAN)
Smart Heiress (USA)
Northern Dancer (CAN)
Pas de Nom (USA)
His Majesty (USA)
Spring Adieu (CAN)
イルドブルボン
Kadissya (USA)
High Line (GB)
Sookera (USA)
Sea Bird (FR)
Bubbling Beauty (USA)
Lyphard (USA)
Barbra (FR)
Northern Dancer (CAN)
Sweet Alliance (USA)
Connaught (GB)
Cranberry Sauce (GB)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Smarten (USA)
No Class (CAN)
Northern Dancer (CAN)
Flaming Page (CAN)
Vaguely Noble (GB)
Smartaire (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。