ロベルタ2020

ロベルタ2020 写真
満口

2021/10/25

募集2,000口 競走馬
出資金
4,500万円
性別 毛色鹿毛
ロードカナロア ロベルタ
母の父ブライアンズタイム 生年月日2020/03/13
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎池添 学/関西 クラス---
体重436kg(12/17) 体高155.0cm(12/17)
胸囲175.0cm(12/17) 管囲20.1cm(12/17)
購入時
一口競走馬出資金
22,500
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
900
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

門外不出のファミリーから才女が仲間入り 軽やかなフットワークでターフを舞う

■ピックアップコメント
純粋培養された名牝系の牝馬がバヌーシーに加わってくれました。持ち込み馬フサイチコンコルドが1996年の日本ダービーをキャリア2戦で制してから四半世紀。バレークイーンを祖とする一族はヴィクトリー、アンライバルドの2頭の皐月賞を筆頭に、リンカーン、アドミラブルなどが芝の中長距離の大舞台で存在感を示してきました。その枝葉は大きく広がっていますが、グレースアドマイヤ~ロベルタと続くラインが市場に出てきたことはありません。希少価値の高い血統を手に入れられたのはこの上ない僥倖と言えます。

コンパクトながら華やかなアウトラインを描く馬体は、絵画の中にたたずむ名馬のよう。気品漂う馬体を躍らせて、色鮮やかな芝を駆け抜けてくれることでしょう。2年後の牝馬クラシック戦線の主役は私――。そんな存在感がすでに漂っています。

■配合診断
本馬の4代母Sun Princessは英オークスなどGIで3勝を挙げた名牝で、大種牡馬Sadler's Wellsとのカップリングで生まれたバレークイーンから、日本の一大牝系へと飛躍を遂げました。トニービン、ブライアンズタイムと歴代のA級種牡馬を配合してきた母ロベルタは、皐月賞馬ヴィクトリーの全妹。サンデーサイレンス系の血は一滴も入っていませんが、クラシックで十分に通用するだけの底力を秘めています。

父ロードカナロアはアーモンドアイ、ステルヴィオ、タイムトゥヘヴンなど、やや古い牝系に強力な活力を与えてきました。本馬にもその効果を大いに期待していいでしょう。

母系にSadler's Wellsを抱えるのはサートゥルナーリアと同じで、Ribotを取り込んでいるのはステルヴィオと同じ。GI級に駆け上がれるだけの豊かな資質を備えています。

(最終更新日:2021年09月09日)

近況レポート

  • 1月8日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。5頭で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)17.2-17.1-17.1のラップを刻みました。

  • 12月25日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭で駆け上がり、ラス3ハロン(約600m)17.7-16.0-16.2のラップを刻みました。

  • 12月20日 ノーザンファーム

    少しずつではありますが馬体が成長し、トモに厚みが出てきました。繊細なところがあり歩きは安定しませんが、これから良くなりそうです。厩舎長は「体力は十分あると思いますが、体と気持ちの面のバランスがまだうまく取れていないように感じます。遅く育成に移動してきた馬の中では調教量は一番ですが、日によって動きの質にばらつきがある現状です。成長過程が少し遅いタイプなので無理せずやっていきます」と話していました。

  • 12月14日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)16.8-16.1-18.1のラップを刻みました。

  • 12月8日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。調教後は馬房でくつろいだ姿を見せていました。

  • 11月29日 ノーザンファーム

    順調に乗り込まれています。精神的にピリッとするところもありますが、オンオフの切り替えはできており、伸びやかな歩きをしています。厩舎長は「遅めに移動してきた組の中で一番いいですし、現時点で注文をつけるところはありません。いい走りをしますし、血統ならではの良さを感じます。馬に合わせて進め、抜けるところは抜きながら追い込み過ぎず一つ一つ教えていけたらと思います。乗り手が抑え切れないくらいの走りを見せる時もあるので、体力は生まれながらにある感じです。普通に成長してくれたらと思っています」と話していました。

  • 11月23日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。まだ慣らしの段階のため、馬群の後方についてラスト3ハロン(約600m)22.0-20.7-19.1のゆったりとしたペースで駆け上がりました。

  • 11月16日 ノーザンファーム

    600m周回コースで乗り運動を行いました。人が乗ることにも慣れ、コースでも問題なく動けるようになりました。

  • 11月9日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を行いました。馬装して乗り出すとテンションが上がりましたが、問題なくメニューを消化しました。

  • 11月2日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を行いました。特に問題はなくメニューを消化しました。

  • 10月25日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を進めています。ゆっくり進めているため冬毛が出てきていますが、育成に入ったばかりでもあり徐々に調教メニューを上げていく予定です。スタッフは「乗り運動をしていく中でいきなりスイッチが入るところが出てきましたし、馬装もうるさいところがあります。牝馬特有の繊細な部分があるので馬を怒らせないように優しく扱いたいと思っています。ロンギ場での背中の動きにはいいものがあるので、気持ちを阻害しないような進め方をしていきたいです」と話していました。

  • 10月5日 ノーザンファーム

    10月4日、育成厩舎へ移動しました。前日に移動したばかりで物見していましたが暴れることはなく、しっかりと歩けていました。厩舎長は「まだ来たばかりで気性面など分からないことは多いですが、イヤリングからは単純に馬体を増やしたくて移動を遅らせていたと聞いていました。実際に見てみるとまさにそんな感じで、バランスも良く、馬体以外特に気になることはありません。これから絶対に大きくなってくるので、サイズについてはそれほど心配していません。来週から早速乗り運動を開始します」と話していました。

  • 9月22日 ノーザンファームYearling

    育成厩舎への移動を待っている段階のため、イヤリング厩舎で放牧を続けています。1歳馬の頭数が少なくなったため、放牧地を広々と使って運動できています。

  • 9月6日 ノーザンファームYearling

    育成厩舎の空きが出ないため、イヤリングで馴致をしています。少し線が細い印象でしたが、馬体がかなり大きくなり、余裕のあるいい体つきになりました。しなやかな歩きで、乗ってさらに良さが出そうです。スタッフは「乗り運動までにしなければならない馴致は全て終えることができましたし、非常に優秀でした。少し気持ちが強く、ピリッとする気性ではありますが、それは必要なものですし、この血統には共通するものだと主任から言われています」と話していました。

  • 8月17日 ノーザンファームYearling

    夜間放牧を行いました。新しいグループに入ったため少し落ち着かない様子でしたが、特に問題はありませんでした。

  • 8月6日 ノーザンファームYearling

    セレクトセール時は少しコンパクトな体形でしたが、理想的に筋肉が付いてきました。厩舎長は「セリのストレスから解放されて一気に馬体が成長しましたし、気持ちも落ち着いてリラックスできています。歩きの軽さや筋肉の質はかなり高いレベルにあると感じますし、気性も素直で頭のいい馬なので、競馬で能力をしっかり発揮するだろうなという印象です。鞍つけなどの馴致は全く問題なく、馴致中の体の緊張も全くなかったです。この馬のセリの値段はすごく安いなと感じますし、クラシックに行けたらという話を真面目に話せる馬だと思います」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • ロベルタ2020 2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/21

    2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/01

    2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/27

    2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 2021/10/5撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/07

    2021/10/5撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 池添学調教師インタビュー

    2021/09/30

    池添学調教師インタビュー

  • ロベルタ2020 社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

    2021/09/15

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • ロベルタ2020 2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/09/07

    2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/08/09

    2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロベルタ2020 PV2021

    2021/08/03

    PV2021

More

歩行ムービー

  • ロベルタ2020 2021/7/14撮影:厩舎長   藤春(ふじはる)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/14撮影:厩舎長 藤春(ふじはる)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 【馬熱大陸】池添学

    2020/09/07

    【馬熱大陸】池添学

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

ロベルタ2020 毛色:鹿毛 生まれ年:2020年
ロードカナロア 毛色:鹿毛
生まれ年:2008年
ロベルタ 毛色:栗毛
生まれ年:2008年
キングカメハメハ 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
レディブラッサム 毛色:鹿毛
生まれ年:1996年
ブライアンズタイム 毛色:黒鹿毛
生まれ年:1985年
グレースアドマイヤ 毛色:鹿毛
生まれ年:1994年
Kingmambo (USA)
マンファス
Storm Cat (USA)
サラトガデュー
Roberto (USA)
Kelley's Day (USA)
トニービン
バレークイーン
Mr. Prospector (USA)
Miesque (USA)
ラストタイクーン
Pilot Bird (GB)
Storm Bird (CAN)
Terlingua (USA)
Cormorant (USA)
Super Luna (USA)
Hail to Reason (USA)
Bramalea (USA)
Graustark (USA)
Golden Trail (USA)
カンパラ
Severn Bridge (GB)
Sadler's Wells (USA)
Sun Princess (GB)
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Nureyev (USA)
Pasadoble (USA)
トライマイベスト
Mill Princess (IRE)
Blakeney (GB)
The Dancer (FR)
Northern Dancer (CAN)
South Ocean (CAN)
Secretariat (USA)
Crimson Saint (USA)
His Majesty (USA)
Song Sparrow (USA)
In Reality (USA)
Alada (USA)
Turn-to (GB)
Nothirdchance (USA)
Nashua (USA)
Rarelea (USA)
Ribot (GB)
Flower Bowl (USA)
Hasty Road (USA)
Sunny Vale (USA)
Kalamoun (GB)
State Pension (GB)
Hornbeam (GB)
Priddy Fair (GB)
Northern Dancer (CAN)
Fairy Bridge (USA)
イングリッシュプリンス
Sunny Valley (IRE)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。