クルソラ2020

クルソラ2020 写真
満口

2021/10/04

募集2,000口 競走馬
出資金
2,400万円
性別 毛色黒鹿毛
サトノアラジン クルソラ
母の父Candy Stripes (USA) 生年月日2020/04/10
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎辻野 泰之/関西 クラス---
体重433kg(12/18) 体高158.0cm(12/18)
胸囲180.0cm(12/18) 管囲21.0cm(12/18)
購入時
一口競走馬出資金
12,000
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
480
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

クラシック好走馬の妹が登場 可憐なルックスでもポテンシャルは確か

■ピックアップコメント
2015年の桜花賞とオークスで2、3着に入り、牝馬クラシックを大いに盛り上げた実力牝馬クルミナルの半妹を招き入れることができました。

母はアルゼンチンの3歳牝馬チャンピオン。大柄な馬体には硬さがあり、実際にダートのオープン馬ピオネロを出していますが、皮膚感が薄い本馬は芝向きの軽さを備えています。小ぶりでバランスのいい馬体は機敏な身のこなしを生み、故障のリスクを軽減しています。穏やかな顔つきから気性の難しさも感じられず、芝向きのサラブレッドとして姉の背中を追っていくことができるでしょう。

早くから大器と評判になっていた父サトノアラジンが直線一気の追い込みでGIを制したのは、6歳時の安田記念でした。父譲りの爆発力と成長力も取り込めた時には、我々の想像を飛び越えたサラブレッドに育ってくれるかもしれません。

■配合診断
牝馬クラシックであと一歩まで迫ったクルミナルの父はディープインパクト。同じくディープインパクト産駒であるサトノアラジンを父に迎えた本馬は、半姉と4分の3の同血になります。

母が活躍したアルゼンチンはダート競馬が主流の国ですが、母自身は芝2000mのGIを2勝している芝馬で、子供たちにもそのエッセンスは伝わっていると言っていいでしょう。姉と異なるのは父の母の父Storm Catを通して、母が持つNasrullahのクロスを薄めに補強していること。マイラーだった父の距離適性からも、スピード色と完成度はより強まっていると言えそうです。

クルミナルの仔ククナはアルテミスS2着から牝馬クラシックに乗り、アライバルは2歳6月の東京でデビュー勝ちを果たしました。着実に枝葉を広げるファミリーに本馬が貢献する可能性も十分でしょう。

(最終更新日:2021年07月29日)

近況レポート

  • 1月8日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭の真ん中で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)17.8-16.8-17.0のラップを刻みました。

  • 12月25日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。馬群の2列目中央を駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)16.9-16.3-17.0のラップを刻みました。

  • 12月20日 ノーザンファーム

    調教ペースを上げられるところまで上げ、休養期間を入れたことで巻き上がり気味だった腹周りが回復してきました。厩舎長は「休みを入れたら馬体が戻ったので、長くは休まずに調教を再開できると思います。休み前に動かした時に思った以上に速いタイムが出てしまったのですが、まだ全くしっかりしていない現状で対応してきたのは、やはり持っているものがいいからだと思います。調教負荷を強めても余裕があるくらいの馬体重があると理想的ですが、それは春先のグンと成長する時に飼葉量を増やして作りたいです」と話していました。

  • 12月14日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。5頭の真ん中を駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)16.4-15.6-16.2のラップを刻みました。

  • 12月8日 ノーザンファーム

    順調に乗り込みを重ね、表情が引き締まってきました。馬房ではくつろいだ様子を見せています。

  • 11月29日 ノーザンファーム

    600m周回コースと800m坂路で乗り込んでいます。相変わらず軽い歩きをしていますが、坂路調教をすると馬体重が減る傾向が見られます。厩舎長の方は「血統的にうるさい感じが出てきました。手に負えないほどではないですが、乗り手は少し苦労しています。周回コースだけの調教の時は馬体重が増えていたので、これから少し調教メニューを上げた時にどれくらいの馬体重になるか注意していきたいです。奥手なタイプだと思いますが、確実に動けるタイプにはなりますので、時間をかけながら進めたいと考えています」と話していました。

  • 11月23日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で元気いっぱいに駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)18.5-16.8-17.7のラップを刻みました。

  • 11月16日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)18.9-17.2-17.9のラップを刻みました。

  • 11月9日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。併走しながらラスト3ハロン(約600m)19.2-17.6-16.5のラップを刻みました。

  • 11月2日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。他馬との兼ね合いでしばらく待たされましたが終始おとなしく、精神面の成長を見せていました。

  • 10月25日 ノーザンファーム

    800m坂路を週3本、ゆっくりとしたペースで駆け上がっています。坂路に入れても非常におとなしく、馬体も崩れず順調に調整できています。スタッフは「ロンギ場での背中の使い方が坂路でもしっかり出ていて、いい馬です。飼葉はしっかり食べていますが、成長が遅いこともあり、まだ全てが身にならない分、体重はそれほど増えてきていません。グンと良くなるのはまだ先ですが、成長するタイミングの時に人間が邪魔しないでいれば、今よりさらに良くなると思います。動きの軽さや気性のおとなしさなど、セールスポイントが非常に多い馬で期待していいと思います」と話していました。

  • 10月13日 ノーザンファーム

    早めの組で順調に育成を進めています、この日は600m周回コースで調教を行い、キャンター(駈歩)で馬場を3周しました。 

  • 10月4日 ノーザンファーム

    馬体が増えてきました。非常におとなしくて落ち着いた歩様で、品の良さを醸し出しています。厩舎長は「いいと思います。跨ったスタッフ全てがこれは化けそうだと言っています。まだまだ線が細く、動きも軽い方に寄っていて力強さはないですし、体力も付けている段階ですが、身のこなしと柔らかさ、フットワークの安定感があり、乗り味が非常にいいです。動きや成長曲線を考えると恐らく奥手のタイプだと思いますが、それでも早めに進んでいる組で調教できている辺りに能力の高さを感じます。気性はおとなしいですが、放牧に出すと他の馬を蹴りに行ったり気の強い部分もありますので、競馬に行って気の強さも見せてくれるのではと思います。楽しみです」と話していました。

  • 9月29日 ノーザンファーム

    この日はトレッドミルのみの運動にとどめました。休養を入れて成長を促しながら、乗り運動を行っています。

  • 9月15日 ノーザンファーム

    ロンギ場で他馬と一緒に騎乗馴致を行いました。左右や順番を変えながら、キャンター(駈歩)で乗り込みました。指示を聞いて背中をしっかり使えており、問題なく進めていけそうです。

  • 9月6日 ノーザンファーム

    育成厩舎に移動して順調に騎乗馴致を行えているようで、非常におとなしい様子を見せています。スタッフは「背中の動きがすごくいいです。携わったことのあるこの馬のお兄さんはかなりうるさく気性も激しかったですが、この馬は非常におとなしく素直ですので、気性面での心配がなさそうですし、乗り出しのロンギ場での走りがいいのである程度自信を持っていいと言えます。体がひと回り大きくなればさらに良くなると思います。今は夜間放牧と乗り運動を交互にしていますが、まだ体力が付いていないので、早く強化できるようなメニューに切り替えます」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • クルソラ2020 2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/22

    2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/01

    2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/11/01

    2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/08

    2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 辻野泰之調教師インタビュー

    2021/09/27

    辻野泰之調教師インタビュー

  • クルソラ2020 社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

    2021/09/18

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • クルソラ2020 2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/09/12

    2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/08/09

    2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • クルソラ2020 PV2021

    2021/08/08

    PV2021

More

歩行ムービー

  • クルソラ2020 2021/7/14撮影:厩舎長  藤春(ふじはる)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/14撮影:厩舎長 藤春(ふじはる)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 【馬熱大陸】辻野 泰之

    2021/12/27

    【馬熱大陸】辻野 泰之

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

クルソラ2020 毛色:黒鹿毛 生まれ年:2020年
サトノアラジン 毛色:鹿毛
生まれ年:2011年
クルソラ 毛色:栗毛
生まれ年:2002年
ディープインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2002年
マジックストーム 毛色:黒鹿毛
生まれ年:1999年
Candy Stripes (USA) 毛色:栗毛
生まれ年:1982年
Calorica (ARG) 毛色:鹿毛
生まれ年:1995年
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
Storm Cat (USA)
Foppy Dancer (USA)
Blushing Groom (FR)
バブルカンパニー
Ahmad (ARG)
Canchera (ARG)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
Storm Bird (CAN)
Terlingua (USA)
Fappiano (USA)
Water Dance (USA)
Red God (USA)
Runaway Bride (GB)
Lyphard (USA)
Prodice (FR)
Good Manners (USA)
Azyade (ARG)
Pepenador (USA)
Cargada (ARG)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
Northern Dancer (CAN)
South Ocean (CAN)
Secretariat (USA)
Crimson Saint (USA)
Mr. Prospector (USA)
Killaloe (USA)
Nijinsky (CAN)
Luiana (USA)
Nasrullah (GB)
Spring Run (USA)
Wild Risk (FR)
Aimee (GB)
Northern Dancer (CAN)
Goofed (USA)
Prominer (GB)
Euridice (FR)
Nashua (USA)
Fun House (USA)
Churrinche (ARG)
Zeilah (ARG)
Lucky Debonair (USA)
Ninon (GB)
Mariache (ARG)
Casandra Real (ARG)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。