エラクレーア2020

エラクレーア2020 写真
残り約半分

2021/10/04

募集2,000口 競走馬
出資金
3,900万円
性別 毛色栗毛
リアルインパクト エラクレーア
母の父Raven's Pass (USA) 生年月日2020/03/20
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎木村 哲也/関東 クラス---
体重471kg(12/21) 体高160.0cm(12/21)
胸囲184.0cm(12/21) 管囲20.8cm(12/21)
購入時
一口競走馬出資金
19,500
2022年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
780
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

黄金色に輝くスピードスターが新加入 目指せ3世代連続のビッグインパクト

■キャンペーン
募集総額:3,900万円 募集口数:2,000口
一口金額:19,500円
15%キャッシュバック 2,925円(1月)
※ 上記金額は2021年度キャンペーンの対象として購入された場合です。
※ 全募集馬の購入順に 4 口までがキャッシュバック対象となります。
※ 2歳1月(2022年1月1日)より、会費及び維持費出資金が発生します。
▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2021/

■ピックアップコメント
尾花栗毛に大流星、後肢2本にロングソックスを履いた派手なルックスの牡馬の登場です。父リアルインパクトはディープインパクトの初年度産駒で、安田記念、豪ジョージライダーSとGIを2勝。グレード制導入後、3歳の身で安田記念を制した唯一の馬でありながら、7歳末まで走り続けたタフネスでもありました。丸みを帯びた馬体からリズミカルな歩様を繰り出す本馬も、父同様に芝のマイル前後が活躍の舞台となることでしょう。

やはり芝のマイラーとして活躍した母の父Raven's Passは、初のオールウェザー&10ハロン(約2000m)に挑戦した2008年の米ブリーダーズCクラシックでレコード勝ち。スピードとパワーに意外性も備えたサラブレッドでした。父系に脈々と流れる天才肌の血とマッチすれば、思わぬカテゴリーでの飛躍もあるかもしれません。

■配合診断
父リアルインパクトはディープインパクト産駒のマイラータイプで、産駒も勝利数の約7割がマイル以下。初年度産駒ラウダシオンがNHKマイルCを制したように、自身に似たスピードタイプを多く出しています。ラウダシオンは5代アウトクロスの配合で、母の父がMr.Prospector系、母の母の父がNorthern Dancer系ですが、本馬もそのバランスを踏襲しました。

曾祖母Elle Danzigはドイツオークス馬で、GIを3勝した名牝。惜しまれながら先日世を去った大種牡馬Galileo、タワーオブロンドン(スプリンターズS)を出したRaven's Passと欧州の名血が重ねられた母は、2歳7月にデビュー勝ちを果たした初仔フミバレンタイン(父カレンブラックヒル)を産み落としています。同様にマイルGI馬を父に迎えた本馬も、早い時期からのフル稼働が期待できます。

(最終更新日:2022年01月01日)

近況レポート

  • 1月8日 ノーザンファーム

    900m周回コースで調教を行いました。キャンター(駈歩)で3周のメニューを消化しました。

  • 12月22日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。1本目は1ハロン(約200m)16~17秒程度で、2本目はラスト3ハロン16.8-15.2-15.4で駆け上がりました。

  • 12月20日 ノーザンファーム

    調教の負荷を上げても対応できています。かなり調整が進んでおり、馬体も仕上がってきました。厩舎長は「坂路を2本上がって速めの調教をしてもへこたれないので、体力はかなり付いていると思います。調教を進めていく中でやや硬さを感じますが、緩さがある程度解消されてきているからかなと感じます。おとなしく扱いやすいですし、一番進んでいる組なので年明けに1ハロン(約200m)14秒ペースを持ったままで来れば、一番早い組の本州移動も視野に入ってくると思います」と話していました。

  • 12月15日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは1本目が19.3-17.5-17.4、2本目はペースを上げ16.5-14.9-14.9でした。

  • 12月8日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。1本目は1ハロン(約200m)18~19秒前後、2本目はラスト3ハロン16.4-16.1-14.9のラップを刻みました。

  • 11月29日 ノーザンファーム

    800m坂路で乗り進めています。ある程度時計が速くてもいいフットワークで上がれており、調教量が増えてきたことで馬体のシルエットが良くなってきました。厩舎長は「今週にも坂路を2本上げようと考えているくらい順調ですし、うちの厩舎では一番早い組で調教を進めています。最初に厩舎に来た時より見違える程良くなりましたし、走りはリアルインパクトのいいスピードを受け継いでいるように思います。今週調教メニューを上げて問題なければ年内にはかなり進めていけると思いますし、乗りながら強くしていくという一番いい過程を経ています」と話していました。

  • 11月23日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭併せで駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)16.5-15..3-15.1のラップを楽に刻みました。

  • 11月16日 ノーザンファーム

    600m周回コースで乗り運動を行いました。元気いっぱいにコースへ向かい、メニューをこなしました。

  • 11月9日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。意欲的に乗り運動に取り組んでいました。

  • 11月2日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。入念に乗り込んだ後も元気いっぱいの様子を見せていました。

  • 10月25日 ノーザンファーム

    調教が進み、800m坂路を週に2、3本上がっています。イヤリングから来た当初とはシルエットが変わり、運動量をしっかり確保できている印象です。厩舎長は「坂路調教を進める中で2回ほどしんどさを見せ、飼葉を食べなかったり馬房でずっと寝ていたりという時期がありましたが、それを乗り越えて成長しました。今後さらに坂路の時計を詰めていく中でどのような変化を見せるかが重要ですが、しっかり乗り越えて良くなってくれると思います。すごく順調に来ていますし、調教メニューを組みやすく鍛えやすい馬です」と話していました。

  • 10月12日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭併せの真ん中で、1ハロン(約200m)19~20秒程度のゆっくりとしたペースで駆け上がりました。

  • 10月4日 ノーザンファーム

    乗り込みを進めたことで青草で出ていた腹周りの水っぽさが取れ、シルエットが良くなりました。馬体重はあまり増えていませんが、体を大きく見せるタイプでこれから変わりそうです。厩舎長は「シルエットが重たかったので、ロンギ場でかなり時間をかけて乗りました。周回コースで軽く走らせていますが、思っていたより走りが軽くてすごくいいです。体力もありますし、飼葉をしっかり食べるタイプなので来週から坂路にも入れたいと考えています。動かした方がいいタイプですし、馬体に芯が入っていて走りが安定しています」と話していました。

  • 9月28日 ノーザンファーム

    900m周回コースを2周半しました。馬装からコース、洗い場に至るまで、非常に落ち着いてメニューを消化しました。

  • 9月15日 ノーザンファーム

    ロンギ場で他馬と一緒に騎乗馴致を行いました。左右や順番を変え、細かい動作を教えながら、キャンター(駈歩)で乗り込みました。

  • 9月6日 ノーザンファーム

    育成厩舎に移動して、ロンギ場で乗り運動を行っています。厩舎長は「移動してきて1週間ですが、非常におとなしく順調です。来た当初は青草で腹袋が出ており、動ける体ではなかったですが、飼葉を調整して馬体が締まりシルエットが良くなりました。これから毎日乗り込んでいきますが、いい骨格をしていてタフだと思うので、いい形で進めていけそうです。1歳馬で来た中ではかなり落ち着きのある部類で、賢い馬なのでやれることはなるべく早く教えて進めたいと思います」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • エラクレーア2020 2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/23

    2021/12/20撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/12/02

    2021/11/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 木村哲也調教師インタビュー

    2021/11/28

    木村哲也調教師インタビュー

  • エラクレーア2020 2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/28

    2021/10/25撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/10/07

    2021/10/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 優駿スタリオンステーション・マネージャー 山崎努氏インタビュー

    2021/09/15

    優駿スタリオンステーション・マネージャー 山崎努氏インタビュー

  • エラクレーア2020 2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/09/09

    2021/9/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

    2021/08/09

    2021/8/6撮影:ノーザンファーム現地視察

  • エラクレーア2020 PV2021

    2021/08/04

    PV2021

More

歩行ムービー

  • エラクレーア2020 2021/7/14撮影:厩舎長  景山(かげやま)さんインタビュー付

    2021/07/20

    2021/7/14撮影:厩舎長 景山(かげやま)さんインタビュー付

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 木村哲也」

    2018/07/18

    「馬熱大陸 木村哲也」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

エラクレーア2020 毛色:栗毛 生まれ年:2020年
リアルインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2008年
エラクレーア 毛色:青鹿毛
生まれ年:2013年
ディープインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2002年
トキオリアリティー 毛色:栗毛
生まれ年:1994年
Raven's Pass (USA) 毛色:栗毛
生まれ年:2005年
Elle Gala (IRE) 毛色:鹿毛
生まれ年:2005年
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
Meadowlake (USA)
What a Reality (USA)
Elusive Quality (USA)
Ascutney (USA)
Galileo (IRE)
Elle Danzig (GER)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
Hold Your Peace (USA)
Suspicious Native (USA)
In Reality (USA)
What Will Be (USA)
Gone West (USA)
Touch of Greatness (USA)
Lord at War (ARG)
Right Word (USA)
Sadler's Wells (USA)
Urban Sea (USA)
Roi Danzig (USA)
Elegie (GER)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
Speak John (USA)
Blue Moon (USA)
Raise a Native (USA)
Be Suspicious (USA)
Intentionally (USA)
My Dear Girl (USA)
Crozier (USA)
Solabar (USA)
Mr. Prospector (USA)
Secrettame (USA)
Hero's Honor (USA)
Ivory Wand (USA)
General (FR)
Luna de Miel (ARG)
Verbatim (USA)
Oratorio (USA)
Northern Dancer (CAN)
Fairy Bridge (USA)
Miswaki (USA)
Allegretta (GB)
Danzig (USA)
Gdynia (USA)
Teotepec (GB)
Elektra (GER)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。