オメガブルーハワイ2019

募集中

2020/10/15

募集2,000口 競走馬
出資金
2,400万円
性別 毛色青鹿毛
ルーラーシップ オメガブルーハワイ
母の父フジキセキ 生年月日2019/01/26
生産社台ファーム 育成社台ファーム
予定厩舎奥村 豊/関西 クラス---
体重448kg(12/20) 体高158.0cm(12/24)
胸囲184.0cm(12/24) 管囲19.5cm(12/24)
購入時
一口競走馬出資金
12,000
2歳1月以降
(運用開始日以降)
2歳1月(運用開始日)以降
保険料
480
月額維持費
300
月会費
750円 (税別)

ハーツクライの母系にトニービンのクロス 社台ファームが送る秘蔵っ子が登場

10%キャッシュバック 1,200円(1月)
※ 上記金額は購入キャッシュバック対象として購入された場合です。
※ 全募集馬の合計 4 口までが購入キャッシュバック対象となります。
※ 2歳1月(2021年1月1日)より、会費及び維持費出資金が発生します。詳細は別紙をご参照ください。
▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2020/

■ピックアップコメント
社台ファームが誇る名牝系をバヌーシーに迎え入れることができました。祖母オメガアイランドの1歳上の半兄はハーツクライ。2005年の有馬記念でディープインパクトを破るジャイアントキリングを演じ、翌年のドバイシーマクラシックを圧勝した名馬は、種牡馬としても数々の活躍馬を送り、ディープインパクト、キングカメハメハ亡き後の2020年セレクトセールでは、産駒が当歳部門において高額取引の上位3頭を独占しました。名種牡馬が出た母系にルーラーシップを迎えた本馬は、スケール感の大きなサラブレッドに仕上がっています。父譲りの骨量と馬格を備え、群れの中で牡馬顔負けの気の強さを見せながらも人には従順で、理想的な心身のバランスを備えています。年明けに跛行したため手術を行いましたが、経過は良好で、現在は放牧地を元気に駆け回っています。

■配合診断
曾祖母アイリッシュダンスは重賞2勝を挙げ、天皇賞・秋で3番人気に推されました。牝馬の時代の走りとなったサラブレッドで、その仔ハーツクライが名馬にして名種牡馬へと駆け上がったのは必然だったのかもしれません。底力あふれるエルコンドルパサー、スピードと仕上がりに優れたフジキセキを母系に配合し、ルーラーシップを父に迎えた本馬は、kingmamboとトニービンの3×4がきれいにセットアップされました。2頭ともサンデーサイレンス全盛期に真っ向から立ち向かった大種牡馬で、噛み合った時の長打力に期待せずにはいられません。母の半妹にはフラワーCを勝ち、牝馬3冠を完走したオメガハートランド、新馬、フェアリーSを連勝したオメガハートロックがいます。イメージ以上に早くから活躍できる母系なのも、隠れたポイントだと言えるでしょう。

■特記事項(2020年7月20日現在)
2020年1月に右前の跛行が見られ、その原因が右肘(脛骨近位の肘関節面)のボーンシストと診断されたため、同年1月23日にボーンシスト部へのスクリュー挿入手術を行いました。また、同時に左飛節のOCD片の摘出手術も実施しました。術後は経過良好で、現在まで跛行を認めておらず、現在は通常夜間放牧を実施しています。

(最終更新日:2021年1月1日)

近況レポート

  • 1月7日 社台ファーム

    1000m坂路で併せ馬の調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは17.0-16.0-15.8でした。

  • 12月28日 社台ファーム

    1000m坂路で速めの調教まで上げ、どれくらい動けるかが把握できたので、現在は体力作りに重点を置いて調整しています。12月23日に熱発したため今週の調教を休みましたが、ウォーキングマシンでの運動は行っており、すぐに乗り運動を再開できそうです。牧場側は「この1ヶ月でかなり馬が成長して、体が減らなくなり、トップラインが固まってきました。成長を感じますし、血統的にも成長力がある馬なんだなと思います。成長曲線は少し遅いかもしれませんが、坂路では15-15まで対応してくれました。いったんペースを落として2月までは体力をつけることに専念して、3月から再び速い調教に戻したいと思っています」と話していました。

  • 12月17日 社台ファーム

    1000m坂路で集団調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは17.7-16.2-16.4でした。

  • 12月10日 社台ファーム

    600m周回コースで動いてから、1000m坂路で調教を行いました。併せ馬でラスト3ハロン(約600m)のラップは18.8-16.8-17.2でした。

  • 12月3日 社台ファーム

    順調に乗り運動を進めており、1000m坂路へもスムーズに入ることができています。牧場側は「気性の悪いところがなく、いい調教を積めているため、トモの筋肉が付き背中からトモにかけてトップラインがしっかりしてきました。まだまだお腹周りには余裕がありますので、これからさらに乗り込んでいきます。年明けくらいまでは成長を邪魔しないようにあまり強い調教負荷はかけないつもりです。パワーがありそうな体形で父の良さが強く出てきていると感じます」と話していました。

  • 11月26日 社台ファーム

    600m周回コースで体をほぐしてから、1000m坂路で調教を行いました。2頭併せでラスト3ハロン(約600m)のラップは18.2-17.7-17.3でした。

  • 11月19日 社台ファーム

    この日は調教が休みでしたが、普段は週3回のペースで1000m坂路に入り調教を行っています。問題なくメニューをこなせるようになっています。

  • 11月13日 社台ファーム

    今週もリフレッシュ放牧を行いました。成長を見ながらゆっくりと進めています。馬房ではリラックスできています。

  • 11月4日 社台ファーム

    騎乗馴致が順調に進んだため、今週から2週間ほど放牧してリフレッシュさせています。牧場側は「放牧は毎日ではなく、馬が忘れないように少し乗り運動をしていますが、その時も従順に対応できています。運動をしながら馬体は少しずつ変わってきました」と話していました。歩様の首の使い方は父のルーラーシップによく似ており、気持ちに余裕が出てどっしりとしています。気性の強さがいい方に出ているようです。

  • 10月29日 社台ファーム

    放牧を挟みながら騎乗馴致を行っています。問題なく順調に進んでおり、本格的な調教が始まればさらに馬体が良くなってきそうです。

  • 10月22日 社台ファーム

    放牧をしながら馴致を進めています。放牧地ではリラックスした様子を見せています。

  • 10月15日 社台ファーム

    引き続き順調に育成が進んでいます。牧場側は「気の強いところがありましたが、騎乗馴致が始まり人の指示にしっかり従うようになったため、普段の扱いがすごくおとなしくなりました。まだまだこれから変わってくると思いますが、現状は問題なく進めています。馬体重がしっかりあるので進めていっても全く問題ないと思いますし、これからさらにシルエットが変わってきそうです」と話していました。

  • 10月8日 社台ファーム

    ロンギ場で動いたあと、500m周回コースで調教を行いました。その後は放牧地へと出ていきました。

  • 10月1日 社台ファーム

    この日は馴致後に放牧に出ました。普段はロンギ場で乗り運動まで進めています。牧場側は「気性の激しいところがあって、騎乗馴致に少し時間がかかりそうな印象がありましたが、人間を信頼して指示にも従っているので非常にスムーズで、来週くらいからは馬場に出て調教できそうです。馬体にはまだまだ余裕がありますが、それに応じたメニューを組み立てていきますし、馬場に出たらすぐに変化してくると思います。オペをした部分は今では全くわかりませんし、ここまでは順調に進んでいます」と話していました。

  • 9月24日 社台ファーム

    今週から岸上厩舎へ移動しました。移動後も特に問題はなく、落ち着いた様子で飼葉を食べています。

  • 9月14日 社台ファーム

    馬体は徐々に成長してきていました。相変わらず牡馬のような気の強さを見せています。牧場側は「乗り運動と休みを交互に入れています。歩きは良く、体に伸びが出てきました。もう少し胴が詰まっているタイプだったのですが、血統的なものが強く出てきて芝の長いところを走れるタイプの馬体に固まってきています。オペをした箇所は全く問題なく、言われないと分からないですし、歩きも全く問題ありません。広いコースに行ってどのような動きをするかだと思いますし、そこで問題なければ普通の調教メニューで進めていく予定です。牝馬らしからぬ気の強さがありますが、その部分も競走馬として長所だと思います」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • 2020/12/31

    2020/12/28撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/12/09

    2020/12/3撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/11/11

    2020/11/5撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/11/04

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • 2020/11/03

    岩田騎手&福永騎手インタビュー

  • 2020/10/21

    2020/10/15撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/10/11

    2020/10/2撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/09/20

    2020/9/14撮影:社台ファーム現地視察

  • 2020/08/10

    社台ファーム 鶴岡彬厩舎長インタビュー

  • 2020/08/03

    奥村豊調教師インタビュー

  • 2020/07/20

    PV2020

More

歩行ムービー

  • 2020/12/08

    2020/12/3撮影

  • 2020/11/10

    2020/11/4撮影

  • 2020/10/20

    2020/10/15撮影

  • 2020/10/06

    2020/10/2撮影

  • 2020/09/17

    2020/9/14撮影

  • 2020/07/20

    2020/7/17撮影:厩舎長 鶴岡さんインタビュー付き

More

調教師紹介動画

公開されている動画はありません。

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

オメガブルーハワイ2019 毛色:青鹿毛 生まれ年:2019年
ルーラーシップ 毛色:鹿毛
生まれ年:2007年
オメガブルーハワイ 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2007年
キングカメハメハ 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
エアグルーヴ 毛色:鹿毛
生まれ年:1993年
フジキセキ 毛色:青鹿毛
生まれ年:1992年
オメガアイランド 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2002年
Kingmambo (USA)
マンファス
トニービン
ダイナカール
サンデーサイレンス
ミルレーサー
エルコンドルパサー
アイリッシュダンス
Mr.Prospector (USA)
Miesque (USA)
ラストタイクーン
Pilot Bird (GB)
カンパラ
Severn Bridge (GB)
ノーザンテースト
シャダイフェザー
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Le Fabuleux (FR)
Marston's Mill (USA)
Kingmambo (USA)
サドラーズギャル
トニービン
ビューパーダンス
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Nureyev (USA)
Pasadoble (USA)
トライマイベスト
Mill Princess (IRE)
Blakeney (GB)
The Dancer (FR)
Kalamoun (GB)
State Pension (GB)
Hornbeam (GB)
Priddy Fair (GB)
Northern Dancer (CAN)
Lady Victoria (CAN)
ガーサント
パロクサイド
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Wild Risk (FR)
Anguar (FR)
In Reality (USA)
Millicent (USA)
Mr.Prospector (USA)
Miesque (USA)
Sadler's Wells (USA)
Glenveagh (USA)
カンパラ
Severn Bridge (GB)
Lyphard (USA)
My Bupers (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。