ウォークロニクル2019

満口

2020/11/04

募集2,000口 競走馬
出資金
3,500万円
性別 毛色黒鹿毛
キズナ ウォークロニクル
母の父ウォーエンブレム 生年月日2019/03/05
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎武 幸四郎/関西 クラス---
体重471kg(01/09) 体高162.0cm(01/08)
胸囲184.0cm(01/08) 管囲20.8cm(01/08)
購入時
一口競走馬出資金
17,500
2歳1月以降
(運用開始日以降)
2歳1月(運用開始日)以降
保険料
700
月額維持費
300
月会費
750円 (税別)

トレンド感満載のキズナ産駒 しなやかな四肢でターフを駆け巡る

■ピックアップコメント
大ブレイク中のキズナ産駒が今年もラインアップに加わりました。スラリとした体形、優れた骨格のバランスは父から受け継いだものでしょう。加速力あふれる動きで放牧地を縦横無尽に駆け回る姿には、非凡な才能がうかがえます。豊富な運動量によって筋肉がしっかりと付き、馬体の張りは格段に良くなりました。それでいてバランスを崩すことなく、立派な馬体に成長を遂げています。母は5歳11月にJRA初勝利を飾った成長力に優れた馬でした。初仔で成長曲線が遅めであること、飼葉喰いが旺盛であることから、まだまだ伸びしろを残していることは想像に難くありません。性格はやんちゃで、他馬とじゃれあったり、ケンカを仕掛けていったりと勝ち気なところを見せていますが、人には従順です。全能力を余すことなくレースで発揮してくれそうです。

■配合診断
母ウォークロニクルはJRA1勝ですが、3歳下の半妹ノームコアはヴィクトリアマイルを含む重賞3勝をマークし、4歳下の半妹クロノジェネシスは秋華賞、宝塚記念を含む重賞4勝を挙げ活躍中です。GI馬2頭に加え、半姉にはオープン馬ハピネスダンサーもおり、一族の勢いには目を見張るものがあります。3代母インディスユニゾンはフサイチエアデール(重賞4勝、桜花賞などGIで2着3回)の全妹。クロフネ、ウォーエンブレムと米国血統を重ねた母は、現代競馬に不可欠なスピードを蓄えています。3代母がサンデーサイレンスの直仔という配合的ハンデを代重ねで薄め、満を持して迎えたのがキズナ。ディープインパクトの後継と目される気鋭の種牡馬との配合からは、サンデーサイレンスの3×4も発生しています。芝の中距離で鋭い切れ味を繰り出すことでしょう。

(最終更新日:2020年10月1日)

近況レポート

  • 1月9日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭で駆け上がり、ラスト2ハロン(約400m)15.7-15.4のラップを刻みました。

  • 12月23日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは15.4-14.6-14.6でした。現在は調教を順調に進められており、速めのタイムにも対応できています。牧場側は「速めを行うと、お腹のラインが上がってきてしまうかなと心配していましたが、思っていた以上に成長してボリュームアップしてくれました。いいところに筋肉が付いて良くなっており、調教も想定していた以上に進められています。気持ちのスイッチが入りやすく、若干牝馬っぽいところはありますが、走る方に気持ちが向けば楽しみです」と話していました。

  • 12月19日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。800m坂路でも継続して調教を行っています。坂路での動きは上々ですが、まだ緩さも残るため成長を促しながら乗り込んでいきます。

  • 12月9日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは18.0-16.2-15.7でした。

  • 12月2日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭併せで、ラスト3ハロン(約600m)18.1-15.1-15.2のラップを刻みました。現在は週3回坂路で3ハロン51秒程度のタイムを出し、それ以外は600m周回コースを4周半程度、トレッドミルでの運動を行っています。牧場側は「気持ちが入りやすいタイプで、うるさいところもありますが、この短期間で馬体はすごく良くなりました。前の出が硬く、トモも入りづらいので歩きも走りも上に飛んで抜ける様なところがあり、その力を前に促すようにフォームを修正する必要があります。最初はしんどいので一旦は馬体がしぼむと思いますが、それをどう乗り越えてくれるかだと考えています。歩様は少し硬く見えますが走り自体は柔らかいので、芝で良さが出そうだと思っています」と話していました。

  • 11月25日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。3頭併せでラスト3ハロン(約600m)のラップは17.4-16.2-15.8でした。

  • 11月19日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。4頭で駆け上がり、1ハロン(約200m)18秒前後のタイムをマークしました。

  • 11月11日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。休むことなく順調に乗り込みを続けています。

  • 11月4日 ノーザンファーム

    600m周回コースを中心に乗り込んでいます。厩舎長は「馬体のシルエットがさらにきれいになり、いい形になってきています。気持ちの入りやすいところがあり、馬体を自分で減らすようなところが出てきそうな雰囲気があるので、下地はしっかり作っていきたいと思っています。イヤリングの時に少し休んでいた時期があるので、グンと良くなるのはもう少し後かなと感じています。脚元を確認しながら調教の負荷を強めていきます。800m坂路にも改修工事が終われば入れていく予定です」と話していました。

  • 10月28日 ノーザンファーム

    引き続き順調に乗り込みを進めています。寒さが厳しくなってきましたが、毛づやが良く体調は良好です。

  • 10月21日 ノーザンファーム

    800m坂路に入り始めるなど、順調に馴致が進んでいます。引き続き乗り込みを進めていきます。

  • 10月15日 ノーザンファーム

    問題なく育成が進んでいます。牧場側は「移動してきた時から全身のフレームがいい馬でしたが、そこに肉が付いていい体になってきました。欲を言えばもう少し大きくなってほしいですが、現状としては十分です。これから坂路調教を始めれば、さらに良くなると思います。父のキズナの良さがすごく出ている馬だと感じますし、気の強さ、テンションの高い部分と上手に向き合っていけば、いい成長をしてくれそうです」と話していました。

  • 10月7日 ノーザンファーム

    ロンギ場での馴致を開始しました。気性的にややテンションが高くなることがありますので慎重に接しています。騎乗運動に向けてまずは基礎体力を養う予定です。フレームのしっかりした馬体の持ち主で、醸し出す雰囲気は良好です。

  • 10月2日 ノーザンファーム

    育成厩舎に移動したばかりですが、いい動きを見せています。厩舎長は「関節が柔らかくていかにも調教で良さが出てきそうなタイプです。気性の面がどう出るかなと思いますが、今のところ全く問題ありません。脚元の不安も移動後は全く気になりませんし、イヤリングで乗り馴致もかなり進んでいるので、すぐに馬場に出て調教できるのではと思っています。この母系にキズナなので血統的な面にもかなり期待しています」と話していました。

  • 9月24日 ノーザンファーム

    今週から育成の伊藤厩舎に移動しました。移動直後で落ち着かない様子を見せていますが、すぐに慣れてきそうです。

  • 9月14日 ノーザンファームyearling

    筋肉量が増えて見栄えのいい馬体になってきました。厩舎長は「イヤリングの厩舎に来た時から見たら、別馬かと思うくらい良くなりました。放牧をやめていた時期があり、成長が早い馬と比べると馬体が薄い時期もありましたが、現在は筋肉質になり、体幹がしっかりした牡馬の馬体に成長してくれました。今は育成厩舎に入るのを待っている段階ですが、イヤリングでも鞍付けなどを始めており、いつ移動してもいい状況です。イヤリングでやれることはやって、スムーズに乗り運動に入れるように考えています」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • 2021/01/02

    2020/12/28撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/12/11

    2020/12/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/11/11

    2020/11/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/10/24

    2020/10/15撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/10/07

    2020/10/2撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/09/18

    2020/9/14撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/09/17

    満口御礼!武幸四郎調教師お祝いコメント

  • 2020/09/01

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • 2020/08/27

    武豊騎手インタビュー

  • 2020/08/07

    ノーザンファーム 越智康博厩舎長インタビュー

  • 2020/08/01

    武幸四郎調教師インタビュー

  • 2020/07/20

    PV2020

More

歩行ムービー

  • 2020/12/08

    2020/12/4撮影

  • 2020/11/10

    2020/11/4撮影

  • 2020/10/20

    2020/10/15撮影

  • 2020/10/06

    2020/10/2撮影

  • 2020/09/17

    2020/9/14撮影

  • 2020/07/20

    2020/6/23撮影:厩舎長 越智さんインタビュー付き

More

調教師紹介動画

  • 2018/06/01

    「馬熱大陸 武幸四郎Vol.2」

  • 2017/12/29

    「馬熱大陸 武幸四郎」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

ウォークロニクル2019 毛色:黒鹿毛 生まれ年:2019年
キズナ 毛色:青鹿毛
生まれ年:2010年
ウォークロニクル 毛色:青鹿毛
生まれ年:2012年
ディープインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2002年
キャットクイル 毛色:鹿毛
生まれ年:1990年
ウォーエンブレム 毛色:青鹿毛
生まれ年:1999年
クロノロジスト 毛色:芦毛
生まれ年:2003年
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
Storm Cat (USA)
Pacific Princess (USA)
Our Emblem (USA)
Sweetest Lady (USA)
クロフネ
インディスユニゾン
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
Storm Bird (CAN)
Terlingua (USA)
Damascus (USA)
Fiji (GB)
Mr.Prospector (USA)
Personal Ensign (USA)
Lord at War (ARG)
Sweetest Roman (USA)
フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
サンデーサイレンス
ラスティックベル
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
Northern Dancer (CAN)
South Ocean (CAN)
Secretariat (USA)
Crimson Saint (USA)
Sword Dancer (USA)
Kerala (USA)
Acropolis (GB)
Rififi (GB)
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Private Account (USA)
Grecian Banner (USA)
General (FR)
Luna de Miel (ARG)
The Pruner (USA)
I Also (USA)
Deputy Minister (CAN)
Mitterand (USA)
Classic Go Go (USA)
Eliza Blue (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Mr.Prospector (USA)
Ragtime Girl (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。