セットプレイ2019

満口

2020/10/15

募集2,000口 競走馬
出資金
4,200万円
性別 毛色黒鹿毛
キタサンブラック セットプレイ
母の父Van Nistelrooy (USA) 生年月日2019/02/15
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎矢作 芳人/関西 クラス---
体重483kg(12/23) 体高161.5cm(12/23)
胸囲181.0cm(12/23) 管囲20.3cm(12/23)
購入時
一口競走馬出資金
21,000
2歳1月以降
(運用開始日以降)
2歳1月(運用開始日)以降
保険料
840
月額維持費
300
月会費
750円 (税別)

キタサンブラックの初年度産駒が登場 軽やかな動きが目を引くヒロイン

■ピックアップコメント
史上34頭目の顕彰馬として、JRA殿堂入りを果たしたキタサンブラックの初年度産駒がラインアップに加わりました。堂々たる立ち姿、存在感あふれる黒鹿毛の馬体には、2年連続で年度代表馬に輝いた父の面影が漂い、牝馬らしからぬ迫力が感じられます。風格十分のたたずまいながら身のこなしは軽く、動き出すと首をしなやかに使って柔らかく歩を進めてきます。ゆったりとした馬体の作りから、活躍の舞台は芝の長めの距離になるでしょう。キタノコマンドール、ラヴズオンリーユーに続き、クラシック参戦をイメージさせてくれるサラブレッドです。アーモンドアイ、クロノジェネシスが示すように、牝馬のチャンピオンは牡馬をも超越して頂点に立つ時代。場を支配するオーラを放つ本馬には、牝馬のカテゴリーを超えたパフォーマンスを期待してしまいます。

■配合診断
父キタサンブラックの父ブラックタイドはディープインパクトの全兄ですが、弟がサンデーサイレンス系らしい瞬発力を産駒に伝えたのに対し、兄は欧州血統の母系に由来した持久力を伝えるケースが目立ち、3000m以上のGIを3勝したキタサンブラックはその特色を生かした最高傑作と言えます。父は、母の父サクラバクシンオーから巧みにスピードを取り込み、天皇賞・春で驚異のレコード勝ちを果たしました。母系がスピード色に満ちた米国血統なのは、スピードを継続的に増強する観点から好感が持てます。母セットプレイは米2歳GIのデルマーデビュータントSの勝ち馬。その父Van Nistelrooyも2歳重賞ウィナーで、父の父と同血のディープインパクトと相性の良さで知られるStorm Cat直仔でもあります。仕上がりの早さを補強できた点も強調できる要素です。

(最終更新日:2020年10月1日)

近況レポート

  • 1月9日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。集団の真ん中で、ラスト3ハロン(約600m)17.8-16.6-15.5のラップを刻みました。

  • 12月26日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のラップは15.8-16.0-14.9でした。相変わらずバランスの良い走りをしています。厩舎長は「薄かった馬体がしっかりしてきて、付くべきところに筋肉が付いてきました。今は飼葉を食べ過ぎないように調整しているくらいです。走るバランスがいいですし、しまいを伸ばした時のアクションが非常にいいです。スパッと切れるタイプではないかもしれませんが、その分距離は延びるほどいいように感じます」と話していました。

  • 12月15日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。集団の真ん中でラスト3ハロン(約600m)17.8-16.6-15.5のラップを刻みました。

  • 12月8日 ノーザンファーム

    800m坂路を駆け上がりました。集団の真ん中でラスト3ハロン(約600m)16.1-15.9-16.7のラップを刻みました。

  • 12月1日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。集団の真ん中で、ラスト3ハロン(約600m)17.6-16.3-15.8のラップを刻みました。現在は週2回坂路で1ハロン17~18秒程度のタイムを出し、それ以外は600m周回コースを4周程度乗り込んでいます。気性面でやや敏感なところがあり、調教でも物見をすることがありますが、動きは軽快でスピード感があります。牧場側は「薄かった体に厚みが出て、この2週間くらいで馬体重も増えました。坂路調教は楽にこなしてきますし、体力が付いてきて、この時期の1歳としては十分過ぎるくらい動けています。瞬発力というよりも長くいい脚を使いそうなタイプで、距離は長い方が良さそうです。同様の傾向はキタサンブラック産駒全般に見られます。年内には1ハロン15秒程度まで進めていけそうで、楽にこなしてくれると思います」と話していました。

  • 11月24日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。馬群の真ん中でラスト3ハロン(約600m)16.8-16.8-15.6のラップを刻みました。

  • 11月17日 ノーザンファーム

    今週から800m坂路での調教が本格的に始まりました。この日は集団の先頭に立って1ハロン(約200m)18~20秒台のラップを刻みました。今後も週2、3回程度のペースで坂路調教を進めていく予定です。

  • 11月10日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。しっかりとした走りで集中しながら4周を駆け抜けました。

  • 11月3日 ノーザンファーム

    600m周回コースでの調教を、これまでの3周から4周に増やしました。厩舎長は「調教中も普段もおとなしく、現状では悪いところがありません。またがると下から見る以上に幅が出ていますし、動かすとさらに良さを感じます。こちらが思っている通りに成長してくれていますし、持って生まれたバランスの良さがありますので邪魔しないように進めていきます。夏にラヴズオンリーユーを見て、こんなバランスのいい馬がいるのかと思いましたが、この馬の雰囲気やバランスはよく似ていると思います。それくらいいい馬ですし、来春にどんな馬になっているか本当に楽しみです」と話していました。

  • 10月27日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。元気いっぱいに3周を駆け抜けました。

  • 10月20日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。周回コースでの調教に慣れ、他馬と距離を置いても、自分のフォームでしっかりと走れています。

  • 10月13日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教しました。落ち着いた様子で、集中してメニューに取り組めていました。牧場側は「この時期にして、既に自分でバランスを取ってしっかり走れています。素晴らしいフットワークをしていますし、誰でも乗れるくらい気性がおとなしく、軸がしっかりしています。若い乗り役に乗せて、いい馬の背中や動きはこういうものと教えるのに最適の馬です。飼葉もしっかり食べており、これから成長すれば走りが力強くなってさらに進化すると思います」と話していました。

  • 10月6日 ノーザンファーム

    600m周回コースで調教を行いました。落ち着いて走れており操作性も良く、動きには柔らかさがあります。馬体はまだ幅がありませんが、少しずつ筋肉が付いてきている印象です。気性面で特に気になるところはありません。

  • 9月29日 ノーザンファーム

    600m周回コースでの乗り運動を開始しました。大きな問題はなくメニューをこなしています。厩舎長は「いい馬は教えなくても最初からいいキャンター(駈歩)をするものですが、この馬がまさにそんなタイプです。馬場に出てもおとなしく、先頭でも馬の後ろからでも全く問題なく、操縦性が高いです。馬体が薄い分、飼葉を増やしましたが、それも全て食べて体重が増えました。跨った方が大きく見えますし、これから筋肉が付いてきてもっと良くなると思います。矢作調教師が『キタサンブラック産駒はこの馬が走らなければ走らない』と言うのがよく分かります」と話していました。

  • 9月22日 ノーザンファーム

    ウォーキングマシンで運動を行いました。運動後の食欲は旺盛で体調は良好です。

  • 9月14日 ノーザンファーム

    細身の馬体でもう少し筋肉量が欲しい印象ですが、歩行時の身のこなしには非凡なものが感じられます。牧場側は「乗り出してから少し馬体が細くなるところがありましたが、今は問題ないですし、動かしてさらに良さが出てきました。背中の使い方が素晴らしく歩きがいいですし、非常におとなしく気性もいいので全く問題なく進んでいます。筋肉が付いてきたらもっと良くなるので、調教を進めていくのがものすごく楽しみです。品がありますし、矢作芳人調教師もチェックするたびに絶賛しています」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • 2021/01/01

    2020/12/28撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/12/10

    2020/12/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/11/17

    武豊騎手インタビュー

  • 2020/11/16

    社台スタリオンステーション・事務局 徳武英介氏インタビュー

  • 2020/11/13

    2020/11/4撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/10/23

    2020/10/15撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/10/08

    2020/10/2撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/09/18

    2020/9/14撮影:ノーザンファーム現地視察

  • 2020/08/17

    満口御礼!矢作調教師お祝いコメント

  • 2020/08/06

    ノーザンファーム 村上隆博厩舎長インタビュー

  • 2020/08/02

    矢作芳人調教師インタビュー

  • 2020/07/29

    2020/7/13撮影:矢作調教師インタビュー

  • 2020/07/20

    PV2020

More

歩行ムービー

  • 2020/12/08

    2020/12/4撮影

  • 2020/11/10

    2020/11/4撮影

  • 2020/10/20

    2020/10/15撮影

  • 2020/10/06

    2020/10/2撮影

  • 2020/09/17

    2020/9/14撮影

  • 2020/07/20

    2020/7/17撮影:厩舎長 藤春さんインタビュー付き

More

調教師紹介動画

  • 2018/06/14

    「馬熱大陸 矢作芳人」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

セットプレイ2019 毛色:黒鹿毛 生まれ年:2019年
キタサンブラック 毛色:鹿毛
生まれ年:2012年
セットプレイ 毛色:栗毛
生まれ年:2005年
ブラックタイド 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2001年
シュガーハート 毛色:鹿毛
生まれ年:2005年
Van Nistelrooy (USA) 毛色:栗毛
生まれ年:2000年
Boldy's Reflection (CAN) 毛色:鹿毛
生まれ年:1996年
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サクラバクシンオー
オトメゴコロ
Storm Cat (USA)
Halory (CAN)
Bold Ruckus (USA)
Govan (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
サクラユタカオー
サクラハゴロモ
ジャッジアンジェルーチ
ティズリー
Storm Bird (CAN)
Terlingua (USA)
Halo (USA)
Cold Reply (USA)
Boldnesian (USA)
Raise a Ruckus (USA)
Gone West (USA)
Classy Twist (USA)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
テスコボーイ
アンジェリカ
ノーザンテースト
クリアアンバー
Honest Pleasure (USA)
Victorian Queen (CAN)
Lyphard (USA)
Tizna (CHI)
Northern Dancer (CAN)
South Ocean (CAN)
Secretariat (USA)
Crimson Saint (USA)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Northern Dancer (CAN)
Respond (CAN)
Bold Ruler (USA)
Alanesian (USA)
Raise a Native (USA)
Fine Feathers (USA)
Mr.Prospector (USA)
Secrettame (USA)
Twist the Axe (USA)
Lady Ambassador (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。