タミーン2021

タミーン2021 写真
残り約半分

2022/10/12

募集2,000口 競走馬
出資金
2,800万円
性別 毛色栗毛
ダイワメジャー タミーン
母の父Shirocco (GER) 生年月日2021/01/24
生産下河辺牧場 育成ファンタストクラブ・木村牧場
予定厩舎今野 貞一/関西 クラス---
体重478kg(11/04) 体高157.0cm(07/18)
胸囲179.0cm(07/18) 管囲20.5cm(07/18)
購入時
一口競走馬出資金
14,000
2023年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
560
月額維持費
350
月会費
880円 (税込)

兄たちの夢の続きは妹に託された スピードに磨きをかけて行くぞ桜花賞

募集総額:2,800万円 募集口数:2,000口
一口金額:14,000円

30%キャッシュバック 4,200円
15%キャッシュバック 2,100円

※1 キャッシュバックキャンペーン対象として購入された場合です。
※2 維持費出資金及び会費の負担額は別紙に記載の通りとなります。

▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2022/

■ピックアップコメント
経験馬相手の未勝利戦を突き抜けたドリームインパクト、夏の新潟で3馬身差の新馬勝ちを決めたドゥラヴェルデ。デビュー戦で衝撃的な勝利を飾り、夢と感動を与えてくれたタミーンの仔がバヌーシーに帰ってきました。

栗毛のボリューミーな馬体に大きな流星。父ダイワメジャーの特徴を受け継いだ本馬も、兄たちに負けない素質の持ち主と言って良さそうです。

20歳を超えた父ですが、産駒のレシステンシアは阪神JF・GIのレコード勝ちを含む重賞4勝を挙げ、現3歳のセリフォス、マテンロウオリオンはマイル重賞を勝ってGIでも2着に食い込みました。スピードを要求される舞台において存在感に陰りはありません。

父の適性と母系のポテンシャルを重ねると本馬の目標はマイルGIでしょう。阪神JFから桜花賞へ向かうのは夢物語ではありません。

■配合診断
ダイワメジャーはNureyevやSadler's Wellsなど、名牝Specialの血を引く馬と相性が良く、代表産駒であるアドマイヤマーズ(香港マイル、NHKマイルC、朝日杯FS)を筆頭に、レシステンシア、セリフォス、マテンロウオリオンなど近年の活躍馬の多くが母系にSpecialを抱えています。

曾祖母の父がNureyevである本馬は父の成功パターンを踏襲しています。母の父Shiroccoのダイワメジャー産駒は本馬の兄サンライズクレイのみですが、Shiroccoの父Monsunを母の父に構え、母系にSpecialを持つジョディーは軽快な先行力を武器に3勝を挙げ、重賞で3着に2回入りました。

本馬も父のスピードで先行し、母系のスタミナで粘るタイプに育ちそうです。名牝Fall Aspenの一族で底力は高く、大舞台であっと言わせる逃走劇が見られるかもしれません。

(最終更新日:2022年10月3日)

近況レポート

  • 11月19日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路を1ハロン(約200m)25秒前後のゆっくりとしたペースで上がりました。歩きのストライドは大きく、相変わらず素晴らしい馬体ですが、少し疲れているようで元気がなく、乗り越えてほしい時期が早めに来た印象です。場長は「調教でこちらが課題を出していた、縦列でリズム良く走る、併せ馬でも集中して走るというのはクリアしてくれました。週2回坂路を上がっており、ペースは1ハロン(約200m)18秒くらいまで上げてきました。一番早い組で調教しており、疲れが出たので今は踏ん張ってもらっています。年内は頑張って調教し、年始に馬に合わせて休みを入れたいと思っています」と話していました。

  • 11月12日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。1ハロン(約200m)23秒前後のゆっくりとしたペースで上がりました。

  • 11月5日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。毛づやが良く体調は上向いているようです。

  • 10月29日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。坂路では他馬を気にする様子が見られ、慣れるまでもう少し時間がかかりそうです。場長は「右トモの傷はかなり良くなったので調教を進めています。周りを気にするところはありますが、この時期なのでまずは慣れてもらうところからかなと考えています。馬体も動きも良いですが、女の子なのであまり無理に進めず、年内に坂路で17-17くらいまでいけたらと考えています」と話していました。

  • 10月22日 ファンタストクラブ・木村牧場

    右トモの外傷が完治したため、乗り運動を再開しました。この日は角馬場で軽く動いた後、800m坂路を駆け上がりました。まだ坂路に慣れておらず他馬を気にする様子が見られるため、焦らずに進めていきます。

  • 10月15日 ファンタストクラブ・木村牧場

    調教中に右トモに外傷を負ったため、今週はウォーキングマシン運動のみとなりました。患部は少し腫れましたが既に良くなっています。馬見せの際に何かに反応してジャンプしていましたが、その動きにバネと柔らかさが感じられました。馬体重、サイズともに大き過ぎず、いい成長曲線を描いています。場長は「馴致の最初はいろいろなことにビクビクして時間がかかりそうでしたが、気持ちが全て前に出てくれたのでハミに推進力が出るのが早く、乗り運動を始めたらすごく進めやすかったです。周回コースで乗ったスタッフが皆、体が柔らかく、背中がいいと褒めていますし、調教を見ていても教えていないのに、トモから走りが始動してバランスが起きており、運動神経の良さが随所に見受けられます。あとはスピード調教をした時にどんな動きをするかという感じで、現時点では本当にいいなという評価です」と話していました。

  • 10月8日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、900m周回コースを2周半しました。まだ2回目で幼さをのぞかせながらも、センスのいい走りを見せていました。場長は「馬場に出た初日からいいセンスを見せていました。騎乗者の感触も良かったので今後が楽しみです」と話していました。

  • 9月29日 ファンタストクラブ・木村牧場

    飼葉が変わり、初期馴致も終わったことで馬体が締まり、無駄なものが取れてシルエットがきれいに見えてきました。半兄のドリームインパクトによく似た馬体をしています。場長は「牝馬ですが、雄大な馬体ですごくいい馬です。先日、下河辺牧場の方にお会いした際、走ると思うのでよろしくお願いしますと言われました。馬を見たら生産者が色気を出すのもうなずけます。馴致では少し敏感なところがあり、何かあると人を振り落とそうとするので、ゆっくり進めて11月半ばくらいに他馬と一緒に周回コースを回るイメージでいます。ここ2週間で馬がだいぶ変わりましたが、ここからさらにどんどん変わってくると思います」と話していました。

  • 9月23日 ファンタストクラブ・木村牧場

    パドック放牧を行った後、馬房で休養してからウォーキングマシンで運動を行いました。馬房では落ち着いた様子で過ごしていました。

  • 9月17日 ファンタストクラブ・木村牧場

    まだ移動してきたばかりのため、ウォーキングマシンやパドック放牧で調整しています。場長は「まだ環境の変化に慣れ切っていないようですが、人に甘えてくるので下河辺牧場さんですごく手をかけられてきたんだなという感じです。来週から慣らしも兼ねて乗り運動をスタートさせます」と話していました。

  • 9月11日 ファンタストクラブ・木村牧場

    9月10日、ファンタストクラブ内の木村牧場に移動しました。馬体重は470kgでした。場長は「兄弟とはまず顔が全然違います(笑)。ダイワメジャーがよく出ていますし、牝馬でこの馬体なら鍛えがいがありそうです。今週から早速、馴致を進めていきます」と話していました。

  • 9月5日 下河辺牧場

    相変わらず立派な馬体をしており、どっしりとしていて精神的な成長もうかがえます。ファンタストクラブ内木村牧場へ今週移動する予定です。スタッフは「無事移動することが決まりました。生まれが早く、かなり馬体が成長しているので、馴致がすぐ終わって乗り運動ができる馬だと思います。頑張ってほしいです」と話していました。

  • 8月13日 下河辺牧場

    父のダイワメジャーの雰囲気が非常に出ており、馬格もありピリッとしたところもありますが、基本はおとなしいタイプです。今野貞一調教師は「今週見ましたが、この時期の牝馬でここまで体がしっかりあっておとなしいのは、競走馬として今後やっていく上で非常に大きなアドバンテージですし、調教でもしっかり攻めていけると思いました。かなりレベルの高い馬でしたし、早くから競馬を使っていけそうで楽しみです」と話していました。牧場サイドは「乗り馴致を行う手前まですんなりいけましたし、扱いやすく手のかからない馬です」と話していました。今月中にはファンタストクラブ内木村牧場に移動させて、騎乗馴致を開始します。

More

スペシャルムービー

  • タミーン2021 2022/11/16撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/11/20

    2022/11/16撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • タミーン2021 2022/10/12撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/10/19

    2022/10/12撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • タミーン2021 2022/9/29撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/09/30

    2022/9/29撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • タミーン2021 2022/8/13撮影:下河辺牧場現地視察

    2022/08/17

    2022/8/13撮影:下河辺牧場現地視察

  • タミーン2021 下河辺牧場・厩舎スタッフ 古川一樹氏インタビュー

    2022/08/06

    下河辺牧場・厩舎スタッフ 古川一樹氏インタビュー

  • タミーン2021 PV2022

    2022/07/28

    PV2022

More

歩行ムービー

  • タミーン2021 7月7日撮影 解説付きツアー風動画

    2022/07/28

    7月7日撮影 解説付きツアー風動画

  • タミーン2021 7月7日撮影

    2022/07/19

    7月7日撮影

調教師紹介動画

  • 【馬熱大陸】今野 貞一

    2022/02/20

    【馬熱大陸】今野 貞一

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

タミーン2021 毛色:栗毛 生まれ年:2021年
ダイワメジャー 毛色:栗毛
生まれ年:2001年
タミーン 毛色:鹿毛
生まれ年:2008年
サンデーサイレンス 毛色:青鹿毛
生まれ年:1986年
スカーレットブーケ 毛色:栗毛
生まれ年:1988年
Shirocco (GER) 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
Najah (IRE) 毛色:鹿毛
生まれ年:1998年
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
ノーザンテースト
スカーレットインク
Monsun (GER)
So Sedulous (USA)
Nashwan (USA)
Mehthaaf (USA)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Northern Dancer (CAN)
Lady Victoria (CAN)
Crimson Satan (USA)
Consentida (USA)
Konigsstuhl (GER)
Mosella (GER)
The Minstrel (CAN)
Sedulous (IRE)
Blushing Groom (FR)
Height of Fashion (FR)
Nureyev (USA)
Elle Seule (USA)
Turn-to (GB)
Nothirdchance (USA)
Cosmic Bomb (USA)
Almahmoud (USA)
Promised Land (USA)
Pretty Ways (USA)
Montparnasse (ARG)
Edelweiss (USA)
Nearctic (CAN)
Natalma (USA)
Victoria Park (CAN)
Lady Angela (GB)
Spy Song (USA)
Papila (ARG)
Beau Max (USA)
La Menina (USA)
Dschingis Khan (GER)
Konigskronung (GER)
Surumu (GER)
Monasia (GER)
Northern Dancer (CAN)
Fleur (CAN)
タップオンウッド
Pendulina (IRE)
Red God (USA)
Runaway Bride (GB)
Bustino (GB)
Highclere (GB)
Northern Dancer (CAN)
Special (USA)
Exclusive Native (USA)
Fall Aspen (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。