パンデリング2021

パンデリング2021 写真
募集中

2022/09/29

募集4,000口 競走馬
出資金
12,400万円
性別 毛色黒鹿毛
エピファネイア パンデリング
母の父キングカメハメハ 生年月日2021/03/13
生産レイクヴィラファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎大竹 正博/関東 クラス---
体重462kg(11/15) 体高154.0cm(07/01)
胸囲171.0cm(07/01) 管囲19.5cm(07/01)
購入時
一口競走馬出資金
31,000
2023年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
1,240
月額維持費
175
月会費
880円 (税込)

颯爽と現れたアーモンドアイの姪っ子 華やかさを身にまといターフを駆け抜ける

募集総額:12,400万円 募集口数:4,000口
一口金額:31,000円

30%キャッシュバック 5,000円
15%キャッシュバック 4,650円

※1 キャッシュバックキャンペーン対象として購入された場合です。
※2 維持費出資金及び会費の負担額は別紙に記載の通りとなります。

▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2022/

■ピックアップコメント
牝馬3冠など、日本馬史上初の芝GI・9勝を挙げた名牝アーモンドアイの姪が、大きな夢を乗せて姿を現しました。

既にデビューした2頭の姉は、馬格に恵まれなかったこともあり勝ち星を挙げられていませんが、本馬は1歳7月の時点で433kg。セレクトセールで兄姉が突破できなかった1億円の壁を悠々と超えてきたのは、明らかに本馬の出来の良さによるものでしょう。

馬格にふさわしい活発な動きに、理解力に優れた聡明な頭脳、アーモンドアイにも共通する薄い蹄。成功する要素に事欠かず、クラシックはおろか、牝馬の域を超えた活躍も視野に入ってきます。

未出走のまま引退した母は、某ドーナツチェーンの人気商品からの連想で繁殖名が付けられました。ドーナツの形状よろしく、次世代の日本競馬に風穴を開ける存在になってくれそうです。

■配合診断
母はアーモンドアイの1歳上の姉で4分の3の同血。Sex AppealとSpecial(Nureyev経由)という2頭の名牝のクロスを持つ点も共通しています。妹よりクロスが濃く、未出走である点は繁殖牝馬としてポジティブな要素で、アーモンドアイに負けない資質を持った繁殖牝馬と言えます。

父エピファネイア、母の父キングカメハメハの配合は無敗の3冠牝馬デアリングタクトを筆頭に、スカイグルーヴ、イズジョーノキセキ、クラヴェルがオープン馬となっています。4頭とも牝馬で、うち3頭がサンデーサイレンスの4×3を持つのは、偶然と言うには出来過ぎでしょう。

本馬はデアリングタクトと8分の7の同血であり、残りの8分の1は名門Best in Show系出身の曾祖母ロッタレース。飛躍する要素をぎっしりと詰め込んだ血統構成に仕上がっています。

(最終更新日:2022年10月3日)

近況レポート

  • 11月15日 ノーザンファーム

    この日はウォーキングマシンのみの運動でした。牝馬らしい体つきで線は細いですが、馬体重が増えたのがよくわかるような馬体に成長しています。馬見せ中にテンションが上がるようなところがありましたが、普段は非常に落ち着いています。厩舎長は「これはいいですよ。スタッフの評判もめちゃくちゃいい1頭です。一番進んでいる組に入れて調教をしており、坂路では1ハロン(約200m)16秒くらいまで進めています。今週は少しリフレッシュを入れましたが来週からまた乗り進めていきます。どんな時計でも楽に上がってきますし、必死に走っている感じがなく先頭でもスイスイ走ります。乗り込んで体重が増えたのもうれしい誤算でした。これからもっと良くなる馬だと思います」と話していました。

  • 11月8日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のタイムは50.2秒(16.9-16.7-16.6)でした。

  • 11月1日 ノーザンファーム

    600m周回コースをキャンター(駈歩)で調教を行いました。力強い走りで3周しました。

  • 10月25日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)を50.0秒(18.0‐16.4‐15.6)で駆け上がりました。牧場側は「順調に乗り運動を行えており、坂路にも入れ始めて早くも時計を詰めています。まだ少し非力に感じますが、背中が良く跳びも柔らかく、素材にはいいものを感じていますし、調教のペースをどんどん上げていけたのを見ると頭のいい馬だなと感じます。まだこの時期なので馬体の芯を作っている段階です」と話していました。

  • 10月18日 ノーザンファーム

    800m坂路で調教を行いました。ラスト3ハロン(約600m)のタイムは52.8秒(19.0-16.9-16.9)でした。

  • 10月11日 ノーザンファーム

    600m周回コースをキャンター(駈歩)で4周しました。おとなしくて乗りやすいと褒められていました。馬体はまだまだ線が細く緩さが残りますが、歩きは悪くありません。トモの動きが柔らかく、このまま成長してほしいところです。厩舎長は「この2週間で馬体がかなり増えて良くなりました。悪さをするタイプではなく、背中が柔らかく素直でいい馬だと思います。明日から坂路に入れる予定ですが、まずはゆっくり進めていけたらと考えています。腹袋が出てきてしっかり食べさせることができそうなので。時期がきたらみっちり仕上げていきます」と話していました。

  • 10月4日 ノーザンファーム

    600m周回コースに初めて入り、キャンター(駈歩)で4周しました。運動後の洗い場ではおとなしく手入れを受け、騎乗者に背中を褒められていました。

  • 9月27日 ノーザンファーム

    ロンギ場で運動を行いました。イヤリングにいた時より少し馬体が寂しくなりましたが、乗り運動は継続できており、環境の変化を乗り越えて良くなってきそうです。騎乗した厩舎長は「スタッフから体力があり、背中が良くて跳びがすごくいいと聞いていましたが、確かに背中も脚の反応も良かったです。まだこの時期なのでスピード感はないですが、乗り込むうちに出てくると思います。現在はロンギ場で基礎体力を付けている状況ですが、対応しつつあるので来週半ばには周回コースに出られそうです。ロンギ場だと狭くて動きを持て余しているように感じたので、周回コースや坂路に出た時の動きが楽しみです」と話していました。

  • 9月21日 ノーザンファーム

    先週からロンギ場での馴致を開始しました。順調にメニューを消化しています。だいぶ環境に慣れて、全体的に余裕が出てきました。

  • 9月13日 ノーザンファーム

    育成の佐藤厩舎に移動後、時間がたっていないためか少し緊張した様子が見られます。来週から騎乗馴致を始める予定です。

  • 9月5日 ノーザンファームYearling

    体が成長して堂々とした立ち姿を見せています。スタッフは「馴致は非常にスムーズに行えました。こちら側の要望をすんなり受け入れてくれる馬です。どんどん成長してくれていますし、育成に移動しても人間が手を焼く馬ではないと思います。乗り役の方からどんな評価をもらえるか本当に楽しみにしています」と話していました。その後、9月5日に育成厩舎へ移動しました。

  • 8月13日 ノーザンファームYearling

    品の良さが際立っており、歩様も良く、携わっている多くの方々からセレクトセールの値段にふさわしい素晴らしい馬だと評価されています。スタッフは「セリの際に下見に来ていた某ダービートレーナーが『これだけ歩様が良くて馬体がいい馬は、走らなかったら気持ちの部分が競馬に向かなかったということやから、とことん走らへん。だだ、走ったら中途半端な活躍ではなく、突出した戦績を残すやろうから、GIを1個とかではなく勝ちまくるやろ。それくらいの馬や!』と絶賛されていたので、すごく印象に残っています。非常に順調に来ていますし、来月には育成に移動できると思います。馴致は進めているのでこちらでできることは全てやれそうです」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • パンデリング2021 2022/11/15撮影:ノーザンファーム現地視察

    2022/11/20

    2022/11/15撮影:ノーザンファーム現地視察

  • パンデリング2021 2022/10/12撮影:ノーザンファーム現地視察

    2022/10/18

    2022/10/12撮影:ノーザンファーム現地視察

  • パンデリング2021 2022/9/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2022/10/01

    2022/9/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • パンデリング2021 2022/9/5撮影:ノーザンファームYearling現地視察

    2022/09/11

    2022/9/5撮影:ノーザンファームYearling現地視察

  • パンデリング2021 2022/8/13撮影:ノーザンファームYearling現地視察

    2022/08/20

    2022/8/13撮影:ノーザンファームYearling現地視察

  • パンデリング2021 レイクヴィラファーム・マネージャー 岩崎義久氏インタビュー

    2022/08/02

    レイクヴィラファーム・マネージャー 岩崎義久氏インタビュー

  • パンデリング2021 PV2022

    2022/07/28

    PV2022

More

歩行ムービー

  • パンデリング2021 7月14日撮影 解説付きツアー風動画

    2022/07/28

    7月14日撮影 解説付きツアー風動画

  • パンデリング2021 7月14日撮影

    2022/07/19

    7月14日撮影

調教師紹介動画

  • 【馬熱大陸】大竹正博

    2020/10/12

    【馬熱大陸】大竹正博

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

パンデリング2021 毛色:黒鹿毛 生まれ年:2021年
エピファネイア 毛色:鹿毛
生まれ年:2010年
パンデリング 毛色:栗毛
生まれ年:2014年
シンボリクリスエス 毛色:黒鹿毛
生まれ年:1999年
シーザリオ 毛色:青毛
生まれ年:2002年
キングカメハメハ 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
フサイチパンドラ 毛色:栗毛
生まれ年:2003年
Kris S. (USA)
Tee Kay (USA)
スペシャルウィーク
キロフプリミエール
Kingmambo (USA)
マンファス
サンデーサイレンス
ロッタレース
Roberto (USA)
Sharp Queen (USA)
Gold Meridian (USA)
Tri Argo (USA)
サンデーサイレンス
キャンペンガール
Sadler's Wells (USA)
Querida (IRE)
Mr. Prospector (USA)
Miesque (USA)
ラストタイクーン
Pilot Bird (GB)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Nureyev (USA)
Sex Appeal (USA)
Hail to Reason (USA)
Bramalea (USA)
Princequillo (GB)
Bridgework (USA)
Seattle Slew (USA)
Queen Louie (CAN)
Tri Jet (USA)
Hail Proudly (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
マルゼンスキー
レディーシラオキ
Northern Dancer (CAN)
Fairy Bridge (USA)
Habitat (USA)
Principia (FR)
Raise a Native (USA)
Gold Digger (USA)
Nureyev (USA)
Pasadoble (USA)
トライマイベスト
Mill Princess (IRE)
Blakeney (GB)
The Dancer (FR)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Northern Dancer (CAN)
Special (USA)
Buckpasser (USA)
Best in Show (USA)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。