ファイナルドリーム2021

ファイナルドリーム2021 写真
満口

2022/10/12

募集2,000口 競走馬
出資金
2,800万円
性別 毛色青鹿毛
モーリス ファイナルドリーム
母の父Frankel (GB) 生年月日2021/01/17
生産辻牧場 育成ファンタストクラブ・木村牧場
予定厩舎池江 泰寿/関西 クラス---
体重500kg(11/04) 体高157.0cm(07/08)
胸囲180.0cm(07/08) 管囲21.0cm(07/08)
購入時
一口競走馬出資金
14,000
2023年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
560
月額維持費
300
月会費
825円 (税込)

モーリス×フランケルの融合が実現 日欧最強マイラーの遺伝子が突き進む

■ピックアップコメント
母ファイナルドリームは2017年の英ニューマーケット・タタソールズ社10月1歳セールにおいて、140万ギニー(約2億2050万円)の値を付けました。現役時は4戦未勝利に終わったものの、母にGIII優勝馬スティールプリンセス、半姉にカナディアンインターナショナルS・GI優勝馬サラリンクスを持つ血の魅力は、繁殖牝馬となってより輝きを増すと言えるでしょう。

2020年の新種牡馬である父モーリスは、2021年のシンザン記念で初年度産駒がワンツーを果たすなど、高いマイル適性と成長力を子供たちに伝えています。

母の父は14戦無敗の英国最強馬フランケル。マイルから距離を延ばし、2000mまで克服した性能の高さはモーリスと共通するもので、シルエットの整った馬体には2頭の魅力が凝縮されています。血統マニアならずとも大注目の、プラチナ配合のサラブレッドです。

■配合診断
母ファイナルドリームの配合面の最大の特徴はデインヒルの3×2という強いクロスにあります。デインヒル自身がNatalma(Northern Dancerの母)の3×3という強い牝馬クロスを持つこと、父FrankelがSadler's Wells、Galileoを経たNorthern Dancer系主流のサイアーラインであることからも、Northern Dancerの影響が強い繁殖牝馬と言えます。

父モーリスもDanzig、ノーザンテースト、Sadler's Wells、LyphardとNorthern Dancer系の血を多く抱えた馬で、シンザン記念を制した産駒ピクシーナイトはノーザンテーストとLyphard、同2着のルークズネストはDanzigとLyphardのクロスを所有していました。

本馬はSadler's Wellsのクロスに加え、デインヒルの父Danzigのクロスを3本所有します。父の成功例と似た配合は、未完に終わった母の底力を呼び覚ます効果も期待できそうです。

■特記事項
血統登録の際、毛色が正式に判別されたため修正いたしました。(2022年3月1日(火)追記)

(最終更新日:2022年3月1日)

近況レポート

  • 11月19日 チャンピオンヒルズ

    角馬場で体を動かした後、ウッドチップの1000m坂路を併せ馬で上がりました。洗い場には前からはまだ入れませんがバックだとすんなり入っていましたし、調教もまだまだ馬体は重たそうですが自分のリズムで走れていました。スタッフは「周りを全く気にせず、物見することもなく淡々と動きます。坂路の初日はさすがにバタバタでしたが、慣れてくれば問題なくすんなり上がってくれましたし、走りも上がるたびに良くなっています。ただ、まだ洗い場には真っすぐ入れないのでバックで入れています。入ってしまうとすごくおとなしいので、何か嫌な感じがあるんだと思います。それ以外は全く気にしておらずおとなしいです」と話していました。

  • 11月9日 チャンピオンヒルズ

    11月8日、チャンピオンヒルズに到着しました。馬房ではおとなしくして飼葉も食べており、馬体がガレた様子はありませんでしたが、洗い場に入るのを嫌がっていました。頑固なところはあるのですが、納得すれば問題ないので徐々に進めていく予定です。スタッフは「北海道からの引き継ぎにもありましたが、基本はおとなしいですが、嫌なものははっきり嫌だと主張してきました。洗い場は怖くて入りたくないという感じでしたが、入ってしまえばすごくおとなしかったです。1歳馬なので少しずつやっていきます」と話していました。

  • 11月5日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。その後、11月6日に北海道を出発し、チャンピオンヒルズへ向かいました。

  • 10月29日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。走り方が良くなって成長がうかがえます。場長は「坂路の慣らしはある程度思っていたようにできています。以前はあまり前に出たがらない感じでしたが、ここ最近は自分で前に出ることを覚えて余計なことをしなくなりました。頭のいい馬だと思います」と話していました。池江泰寿調教師は「今月か来月頭にはチャンピオンヒルズに移動させたいと考えています。雪が降り、寒い時期の北海道での育成よりも、天候が良く自分が毎週確認できる場所に早く連れてきたいです」と話していました。

  • 10月22日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、800m坂路で調教を行いました。まだ坂路に慣らしている段階のため、少し落ち着かない様子を見せていました。

  • 10月15日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、1400m坂路で調教を行いました。初めての坂路で場所慣らしの段階のため物見するところもありましたが、ゆっくりとしたキャンター(駈歩)で駆け上がりました。乗り馴致を行って、いい意味でおとなしくなっているようです。馬体をかなりふっくら見せており、移動で少し落ちた体調は完全に戻った様子です。場長は「坂路を見せる程度ではありますが順調に乗り運動を行えています。やや前進気勢が乏しい面はありますが、調教を進めていくうちに変わってきそうな感じがします。気性面は以前のように切れて手がつけられない感じはなくなってきましたし、どんどん進めていけそうです。年末には1ハロン(約200m)18秒くらいまで坂路調教を進めたいと思っています」と話していました。

  • 10月8日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、900m周回コースを2周半しました。乗り運動にずいぶん慣れた様子で、調教後の馬房では気持ち良さそうに寝ていました。

  • 9月29日 ファンタストクラブ・木村牧場

    馴致は順調に終わり、現在は700m周回コースで1500m程度のハッキングを行っています。普段は非常におとなしいようですが、瞬間的に切れるところも見られます。場長は「周回コースに加えて、坂路を見せたりスクーリングしたりして環境にも慣らしています。乗り運動を開始した直後は騎乗者の脚に反応がなかったですが、ようやく理解してきてハミを取るようになったので、汗をかいて代謝も良くなり馬体が変化してきました。暴れるとなかなか激しいので、気性が穏やかになるようにしていけたらと思います」と話していました。

  • 9月23日 ファンタストクラブ・木村牧場

    角馬場で軽く動いた後、700m周回コースで乗り運動を行いました。開始から終了まで非常におとなしくメニューを消化しました。順調に育成が進んでいます。

  • 9月17日 ファンタストクラブ・木村牧場

    乗り運動を開始し、現在は角馬場で軽く動いた後、700m周回コースを慣らし程度に動かしています。場長は「かなり我の強いタイプで、調教中に前に出すために乗り手が指示をすると機嫌が悪い時は暴れるので、その辺りから理解してもらう必要があります。ただ、何もない時はおとなしく、運動後のゲート通過や洗い場でもおとなしいです。まだまだガキ大将といった感じでかわいげがあります」と話していました。

  • 9月2日 ファンタストクラブ・木村牧場

    屋内ハッキング場で馴致を行いました。1周120mを左右5周ずつ回りました。馴致から洗い場までとても落ち着いていましたが、秘めた部分があるため道中や洗い場ではスタッフがもう一人ついて対応できるようにしています。馬体は無駄なものが取れて見栄えが良くなっており、少しずつ騎乗馴致をしている馬の体になってきました。場長は「理解したらすんなり受け入れてくれるのですが、嫌なことがあると派手に吹き飛んでいきます。気持ちの面がまだまだ子供なので一からしっかり教えていきたいと考えています。あまり詰め込み過ぎないでゆっくりやっていく方が良さそうです」と話していました。

  • 8月26日 ファンタストクラブ・木村牧場

    基本はおとなしいですが、秘めた気の強さを感じさせています。場長は「何か嫌なことがあったり、煮詰まってくると突っ走って手がつけられなくなることがあります。順調に進んでいるからといってどんどん教え込むと今後が怖いので、今のうちに基本的な所作を復習しながら教え込んでいきます。馴致の進行自体は先に来ていた馬に肩を並べるほど早いので、近いうちに合流して進めていきます」と話していました。

  • 8月13日 ファンタストクラブ

    ファンタストクラブ内木村牧場へ無事に移動しました。体重計になかなか乗らないなどわがままなところを見せていましたが、納得するとすんなり動いていました。馬運車で連れてきた辻牧場のスタッフは「バリバリ、ビシビシやってください!」と言っていました。場長は「初仔にしてはかなり大きく、馬体がしっかりしている印象を受けました。頑固で自分をしっかり持っているタイプと聞いていますので、まずは扱う上での馴致に時間をかけたいと思います」と話していました。

  • 8月2日 辻牧場

    7月30日にファンタストクラブ内木村牧場へ移動する予定でしたが、馬運車に乗る際に暴れてしまい、脚に外傷を負ってしまいました。幸い軽いものでしたが、傷を治してから移動することになりました。

  • 7月19日 辻牧場

    辻牧場から報告がありました。「かなり馬体が大きくなってきており、これ以上青草を食べて大きくすると脚元に良くない影響があります。1月生まれであるので、今月中に育成に移動して馴致を開始しても全く問題ないです。ここまで初仔で馬格がある馬も珍しいですし、走りそうな雰囲気を牧場としてすごく感じています」とのことでした。

  • 7月9日 辻牧場

    毛づやがかなり良くなり、馬体も立派になりました。早い段階で育成に移動できそうです。スタッフは「物怖じしない馬で周りが暴れていても我が道をいくような感じです。こういう馬はめちゃくちゃ走るか、自分の世界があって走らないか紙一重だと思います。こんなに雰囲気がある馬はなかなかいないですし、近々厩舎も決まるということで、牧場としても楽しみにしています」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • ファイナルドリーム2021 2022/10/12撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/10/21

    2022/10/12撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • ファイナルドリーム2021 2022/9/29撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/10/04

    2022/9/29撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • ファイナルドリーム2021 2022/9/3撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

    2022/09/08

    2022/9/3撮影:ファンタストクラブ・木村牧場現地視察

  • ファイナルドリーム2021 辻牧場 東雄吾厩舎長インタビュー

    2022/08/05

    辻牧場 東雄吾厩舎長インタビュー

  • ファイナルドリーム2021 PV2022 vol.2

    2022/07/28

    PV2022 vol.2

  • ファイナルドリーム2021 2022/4/9撮影:辻牧場現地視察

    2022/04/12

    2022/4/9撮影:辻牧場現地視察

  • ファイナルドリーム2021 PV2022

    2022/03/08

    PV2022

  • ファイナルドリーム2021 誕生の瞬間

    2021/02/01

    誕生の瞬間

More

歩行ムービー

  • ファイナルドリーム2021 7月9日、7月28日撮影 解説付きツアー風動画

    2022/07/28

    7月9日、7月28日撮影 解説付きツアー風動画

  • ファイナルドリーム2021 7月9日撮影

    2022/07/19

    7月9日撮影

  • ファイナルドリーム2021 2022/2/25撮影:厩舎長 東(あずま)さんインタビュー付

    2022/03/08

    2022/2/25撮影:厩舎長 東(あずま)さんインタビュー付

More

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 池江泰寿Vol.2」

    2018/08/09

    「馬熱大陸 池江泰寿Vol.2」

  • 「馬熱大陸 池江泰寿」

    2017/11/24

    「馬熱大陸 池江泰寿」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

ファイナルドリーム2021 毛色:青鹿毛 生まれ年:2021年
モーリス 毛色:鹿毛
生まれ年:2011年
ファイナルドリーム 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2016年
スクリーンヒーロー 毛色:栗毛
生まれ年:2004年
メジロフランシス 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
Frankel (GB) 毛色:鹿毛
生まれ年:2008年
Steel Princess (IRE) 毛色:鹿毛
生まれ年:2001年
グラスワンダー
ランニングヒロイン
カーネギー
メジロモントレー
Galileo (IRE)
Kind (IRE)
デインヒル
Champaka (IRE)
Silver Hawk (USA)
Ameriflora (USA)
サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
Sadler's Wells (USA)
Detroit (FR)
モガミ
メジロクインシー
Sadler's Wells (USA)
Urban Sea (USA)
デインヒル
Rainbow Lake (GB)
Danzig (USA)
Razyana (USA)
Caerleon (USA)
Fleur Royale (IRE)
Roberto (USA)
Gris Vitesse (USA)
Danzig (USA)
Graceful Touch (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
ノーザンテースト
モデルスポート
Northern Dancer (CAN)
Fairy Bridge (USA)
Riverman (USA)
Derna (FR)
Lyphard (USA)
ノーラック
フィディオン
メジロボサツ
Northern Dancer (CAN)
Fairy Bridge (USA)
Miswaki (USA)
Allegretta (GB)
Danzig (USA)
Razyana (USA)
Rainbow Quest (USA)
Rockfest (USA)
Northern Dancer (CAN)
Pas de Nom (USA)
His Majesty (USA)
Spring Adieu (CAN)
Nijinsky (CAN)
Foreseer (USA)
Mill Reef (USA)
Sweet Mimosa (GB)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。