ロスヴァイセ2022

ロスヴァイセ2022 写真
残りわずか

2023/10/23

募集2,000口 競走馬
出資金
6,000万円
性別 毛色鹿毛
サトノダイヤモンド ロスヴァイセ
母の父シンボリクリスエス 生年月日2022/03/29
生産ノーザンファーム 育成ノーザンファーム
予定厩舎木村 哲也/関東 クラス---
体重417kg(11/25) 体高151.0cm(10/11)
胸囲170.0cm(10/11) 管囲19.2cm(10/11)
購入時
一口競走馬出資金
30,000
分割購入時
月々15,000/2
2024年01月以降
(運用開始日以降)
保険料
1,200
月額維持費
350
月会費
880(税込)

記憶に残る青葉賞勝ち馬の妹が加入 クラシックを目指してターフを駆ける

募集総額:6,000万円 募集口数:2,000口
一口金額:30,000円

10%キャッシュバック 3,000円
5%キャッシュバック 1,500円

※1 キャッシュバックキャンペーン対象として購入された場合です。
※2 維持費出資金及び会費の負担額は別紙に記載の通りとなります。

▼キャッシュバック詳細はこちら
https://banusy.dmm.com/campaign/cashback-2023/

■ピックアップコメント
3連勝で青葉賞を制して、日本ダービーで2番人気に推されたスキルヴィングの半妹が新加入しました。

スキルヴィングの父は2015年の菊花賞馬キタサンブラック。本馬の父は2016年の菊花賞馬サトノダイヤモンドで、2頭は現役時代に対戦した有馬記念、天皇賞・春で1勝ずつを分け合ったライバル同士でもあります。

豊富な父のスタミナを受け継いだスキルヴィングは、タフな東京芝2400mで2勝を挙げてダービーに駒を進めました。本馬は兄とはタイプの違う小柄な牝馬ですが、柔らかな筋肉の質と軽やかな身のこなしに、兄に通ずる持久力が感じられます。

デビューしたもう1頭の半兄ヴァーンフリートも3勝を挙げており、不発の可能性が限りなく低い血統背景の持ち主でもあります。頂点を視野に入れることも十分に可能なサラブレッドでしょう。

■配合診断
本馬の半兄で青葉賞を制したスキルヴィングの父はキタサンブラック。その父ブラックタイドの全弟がディープインパクトで、同産駒であるサトノダイヤモンドを父に持つ本馬はスキルヴィングの4分の3きょうだいになります。

ヴァイスハイト、ソニンクと遡る母系は活躍馬の宝庫で、ロジユニヴァース(日本ダービー)、ディアドラ(英ナッソーS、秋華賞)、ソングライン(安田記念2回、ヴィクトリアマイル)といったGI馬が次々と出ています。

3代母がソニンクで母の父にシンボリクリスエスを持ち、父の父がディープインパクトなのはマイルGIで3勝を挙げた前記のソングラインと同じ。8分の5の同血で血の配置も極めて似ており、活躍馬に倣ったバランスの良さが光ります。当然のようにデザインされたサンデーサイレンスの3×4が全体を引き締めています。

(最終更新日:2023年9月1日)

近況レポート

  • 11月21日 ノーザンファーム

    今週から800m坂路で調教を開始しました。この日は2回目の坂路で、馬群の真ん中を駆け上がり、ラスト3ハロン(約600m)のタイムは56.8秒(19.9-18.3-18.6)でした。牧場側は「現在の馬体重は417kgです。周回コースで動いてから、坂路を1ハロン(約200m)18秒くらいで上がっています。まだ坂路には数回しか入っておらず、慣らし程度という感じです。走りも体つきもかなり幼いため、じっくりやっていけたらと考えています。サトノダイヤモンド産駒らしくゆったり走りますので、スパッと切れるより長く脚を使うタイプに見えます。性格や扱う面は非常に大人しく利口な馬です。年内はあまりペースを上げずにやっていきます」と話していました。

  • 11月14日 ノーザンファーム

    初めて周回コースで調教を行い、600mのコースを3周しました。初めてのコースでしたが、戸惑うことなくメニューを消化していました。

  • 11月7日 ノーザンファーム

    ロンギ場へ行く予定でしたが、雨が降り続いて馬場状態が悪いため休養に充てました。牧場側は「先週と今週はロンギ場での慣らし運動がメインです。すごく大人しいので、来週から周回コースに出ようと考えています。成長が少し遅いタイプなので、余裕がある時は放牧を入れて成長を促す時間も作っています。まだかなり緩いですが、調教自体はスムーズに進めていけそうです」と話していました。

  • 10月31日 ノーザンファーム

    ロンギ場で乗り運動を行いました。馬装から大人しく、集団で中に入るまで淡々とメニューをこなしていました。

  • 10月23日 ノーザンファーム

    現在の馬体重は425kgで、先週からロンギ場に入れています。環境の変化にすぐ慣れて落ち着いています。スタッフは「鞍付けから走り方が悪くなかったですし、この世代の中で一番大人しいです。賢い馬で理解が早く非常に優等生だと感じます。ロンギ場での走りはまだ力がない感じですが、ロンギ場なのでわからない部分が多いです。のんびりした性格で体に伸びがあるので距離は長い方が良さそうです。あとはスピードがあってくれたらと思います」と話していました。

  • 10月17日 ノーザンファーム

    朝の放牧やウォーキングマシン運動を中心に、馬房で鞍付けや背乗りまで進めています。近々人を乗せる予定です。

  • 10月10日 ノーザンファーム

    先週、育成厩舎の山根厩舎に移動しました。現在は馬房内で鞍付けをして騎乗に向けて馴致を進めています。この日は朝だけ放牧地に出ました。牧場側は「到着して間もないので、現在は朝だけ放牧したりウォーキングマシンに入れ、馴致は馬房で鞍付けくらいまで進んでいています。今のところ悪さは見せていませんし、イヤリングで馴致をかなり進めていたおかげで乗り運動に移行するのも早そうです」と話していました。

  • 9月26日 ノーザンファームYearling

    現在の馬体重は437kgです。馬体に伸びが出ており、優雅でゆったりとした歩様から長い距離で良さが出そうです。厩舎長は「現状でもロンギ場で騎乗を進めていますし、セリの時は少し頼りなかった馬体に幅が出てすごく良くなりました。馬体重も平均くらいになり、来週頭に早来の育成厩舎に移動することになりました。短期間ですごく成長したので育成でどう変わってくれるか楽しみにしています」と話していました。

  • 9月12日 ノーザンファームYearling

    牧場から報告がありました。「現在の馬体重は421kgです。遅生まれですし、今年の夏は暑かったので馴致をゆっくり進めました。成長と調教負荷がうまくマッチしたようで、馬体が変わっていい雰囲気になってきました。週3回ロンギ場での乗り馴致と、あとの日は昼夜放牧という体力がいるメニューも、馬体を減らすことなくこなしてくれました。我の強さがありピリッとするところはありますが、人間に意識が向きやすいので助かっています。早ければ再来週に育成に移動する予定です」とのことでした。

  • 8月26日 ノーザンファームYearling

    馬体が一回り大きくなって見栄えが良くなりました。厩舎長は「現在は415kgで馬体重がどんどん増えてきています。馴致も進められていますし、頭が良く余計なことをしないためスムーズに運んでいます。時々我の強さを見せることはありますが、手を煩わせることはありません。父サトノダイヤモンドの優雅にどっしりと歩く感じがあり、すごく堂々としています。来月頭から中旬には育成厩舎に移動する予定です」と話していました。

  • 8月15日 ノーザンファームYearling

    馬体の成長を促しています。小柄ではありますが、この馬のペースでゆっくり成長しています。育成厩舎で騎乗馴致にすぐ移行できるように、背慣らしやロンギ場、ブレーキングなどを開始しています。

  • 8月11日 ノーザンファームYearling

    イヤリング厩舎で成長を促しています。この日は北海道らしく過ごしやすい気温の中、心地よさそうに放牧時間を過ごしました。

  • 7月29日 ノーザンファームYearling

    イヤリング厩舎で初期馴致を行っています。育成先はエンプレスペイなどを手掛けた早来の山根厩舎に決まりました。厩舎長は「馬体重はセリ後から増えて400kgになりました。洗い馴致は終わっており、鞍付けなどに移行していきます。馴致を始めても落ち着いており、カリカリすることもありません。馬体的なところでは馬体重は増えてきましたが、まだまだ小さいので育成への移動は来月末くらいになりそうです」と話していました。

More

スペシャルムービー

  • ロスヴァイセ2022 2023/10/23撮影:ノーザンファーム現地視察

    2023/10/27

    2023/10/23撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロスヴァイセ2022 2023/9/26撮影:ノーザンファーム現地視察

    2023/09/28

    2023/9/26撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロスヴァイセ2022 2023/8/26撮影:ノーザンファーム現地視察

    2023/08/28

    2023/8/26撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロスヴァイセ2022 2023/7/29撮影:ノーザンファーム現地視察

    2023/08/03

    2023/7/29撮影:ノーザンファーム現地視察

  • ロスヴァイセ2022 ノーザンファームYearling 藤春淳厩舎長インタビュー

    2023/08/02

    ノーザンファームYearling 藤春淳厩舎長インタビュー

  • ロスヴァイセ2022 PV2023

    2023/07/25

    PV2023

More

歩行ムービー

  • ロスヴァイセ2022 7月18日撮影 解説付きツアー風動画

    2023/08/08

    7月18日撮影 解説付きツアー風動画

  • ロスヴァイセ2022 7月18日撮影

    2023/07/28

    7月18日撮影

馬体フォト

  • ロスヴァイセ2022 馬体フォト 2023/10/23

    2023/10/23撮影

  • ロスヴァイセ2022 馬体フォト 2023/07/18

    2023/07/18撮影

  • ロスヴァイセ2022 馬体フォト 2023/07/18

    2023/07/18撮影

  • ロスヴァイセ2022 馬体フォト 2023/07/18

    2023/07/18撮影

  • ロスヴァイセ2022 馬体フォト 2023/07/18

    2023/07/18撮影

More

調教師紹介動画

  • 「馬熱大陸 木村哲也」

    2018/07/18

    「馬熱大陸 木村哲也」

血統

詳細を見る

横にスクロールできます →

ロスヴァイセ2022 毛色:鹿毛 生まれ年:2022年
サトノダイヤモンド 毛色:鹿毛
生まれ年:2013年
ロスヴァイセ 毛色:黒鹿毛
生まれ年:2011年
ディープインパクト 毛色:鹿毛
生まれ年:2002年
マルペンサ 毛色:鹿毛
生まれ年:2006年
シンボリクリスエス 毛色:黒鹿毛
生まれ年:1999年
ヴァイスハイト 毛色:青鹿毛
生まれ年:2004年
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
Orpen (USA)
Marsella (ARG)
Kris S. (USA)
Tee Kay (USA)
アドマイヤベガ
ソニンク
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
Alzao (USA)
Burghclere (GB)
Lure (USA)
Bonita Francita (CAN)
サザンヘイロー
Riviere (ARG)
Roberto (USA)
Sharp Queen (USA)
Gold Meridian (USA)
Tri Argo (USA)
サンデーサイレンス
ベガ
Machiavellian (USA)
Sonic Lady (USA)
Hail to Reason (USA)
Cosmah (USA)
Understanding (USA)
Mountain Flower (USA)
Lyphard (USA)
Lady Rebecca (GB)
Busted (GB)
Highclere (GB)
Danzig (USA)
Endear (USA)
Devil's Bag (USA)
Raise the Standard (CAN)
Halo (USA)
Northern Sea (USA)
Logical (USA)
Talonada (ARG)
Hail to Reason (USA)
Bramalea (USA)
Princequillo (GB)
Bridgework (USA)
Seattle Slew (USA)
Queen Louie (CAN)
Tri Jet (USA)
Hail Proudly (USA)
Halo (USA)
Wishing Well (USA)
トニービン
アンティックヴァリュー
Mr.Prospector (USA)
Coup de Folie (USA)
Nureyev (USA)
Stumped (GB)
閉じる
ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。