弥永が見た!椎名が聞いた!

2023年1歳馬
激アツ馬体診断

弥永 明郎「馬サブロー」トラックマン
x
椎名 竜大DMMドリームクラブ

BANUSY1歳馬のとっておき情報をお届けすべく、ホームページに特設コーナーを設置いたしました。
競馬専門紙「馬サブロー」の弥永明郎トラックマンに馬体診断をお願いしました。
業界屈指の相馬眼を持つ「競馬界のゴルゴ13」から、ドリームクラブの椎名が本音を引き出します。
切れ味鋭いコメントがマイホース選びのヒントを与えてくれるはずです。

年齢表記は2023年時点でのものです。

弥永 明郎(やなが・あきお)

デイリースポーツ「馬サブロー」トラックマン。グリーンチャンネル中央競馬中継のパドック解説、トラックマンTV、MONDO TV 最強馬券師決定戦!競馬バトルロイヤルシリーズなど、各媒体への出演多数。狙った穴馬は決して逃さない「競馬界のゴルゴ13」で、卓越した相馬眼(馬の能力・資質を見抜く能力)の持ち主として知られる。業界歴は長く、騎手から調教師、馬主に至るまで人脈は広い。

椎名 竜大(しいな・たつひろ)

DMMドリームクラブ代表代行、DMMバヌーシー情報管理担当。所属馬が勝ちそうな時に単勝をガツンと踏み込むスタンスを取っていたが、少額の時に勝つことが多いため最近は願掛けの意味を込めて購入額を抑えている。美浦トレセン、牧場には毎週のように足を運んでおり、所属馬の状態チェックはもちろん、ライバル陣営(&馬券)の情報収集にも余念がない。

  • 関東馬
  • 関西馬
  • 優等生のエピファネイアだね (旧ステファニーズキトゥン2022) Angel Mark

    エンジェルマーク

    2023年6月28日撮影

    ノーザンファーム・岡真治厩舎長

    馬体のバランスが良く、性格的に大人しく癖がなさそうな感じです。馴致を進めていますが特に問題はありません。きょうだいは姉に2勝した馬が1頭という現状ですが、みんな馬っぷりが良くて乗り味も良かったので、どこかで大物が出るのではないかと期待しています。体が小さい馬が多かったのですが、この馬はエピファネイア産駒らしくボリュームがあり、その点はいいなと思っています。この血統で大きいレースを取りたいですし、その夢を実現するのがこの馬である可能性もあると楽しみにしています。(2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    大人の事情により、今年は厳しいかもということでしたが、見ていただけることになりました。3年目の今年もよろしくお願いします。

    弥永

    DMMはギャラが破格だからな。取っ払いの300万って言われたら断れないよ。

    椎名

    今年も安い通貨を選んでおきますね(笑)。お約束はこの辺にして、早速いきましょうか。まずはこちらの馬から。

    弥永

    どれどれ…うん、優等生だね。全体的な体のつくりがいいし、適度に遊びもある。全然悪くない。あとで重賞を取りましたよと言われても全く驚かないね。

    椎名

    高評価ですね。エピファネイア産駒ですが、弥永さんが言うところの「当たりのエピファネイア」ですか?

    弥永

    そう、芝で走るエピファネイアね。皮膚感もいいもんな。薄くてシャキッとしてるし、余分なところに肉が付いてない。スカッとしてる。セレクトセールに出たら間違いないよ。これは売れる。

    椎名

    繁殖セールに当歳馬を入れて行われた、昨年秋のノーザンファームミックスセールで購入した馬なんですよ。

    弥永

    あー、吉田勝己さんが盛り上げるために目玉を入れとくって言ってたやつだな。ってことは、生産者は当たりわかってるってことになるよな(笑)。なかなか思惑通りにはいかないんだろうけどな。

    椎名

    この馬が当たりである可能性もありますよね。セレクトセールであればもっと値段もしたでしょうし。

    弥永

    セレクトセールで売ればいいのに(笑)。でも、繰り返しになるけど、悪くない馬だよ。全体的に優等生で上品。芝で走る馬の皮膚感をしてるよね。首さしとかバランス的なものを見ても芝向きだね。

    椎名

    ということは、芝の本格派としてクラシックに乗ってきてもいいですね。

    弥永

    おかしくないよ。あとは走れる性格があるかどうか。セリに出せばいい値段が取れるんじゃない?

    椎名

    クラブは売って儲ける商売じゃないんですよ(笑)。でも、それだけ高評価ということで楽しみです。

    続きを読む

    ドゥラメンテは最後までわからなかったな (旧リトルモンスター2022) Last Legacy

    ラストレガシー

    2023年6月26日撮影

    社台ファーム・事務局 吉田浩敏氏

    6月下旬に育成厩舎に移動して人を乗せる訓練を行い、7月15日には坂路を経験させました。ドゥラメンテ産駒らしいピリッとしたところを出すかなと思ったのですが、飲み込みが非常に早く素直に受け入れていました。ボテッとしていた腹回りも少しすっきりして、競走馬らしい体つきに変わりつつあります。約1か月程度、気温が落ち着くぐらいまでは青草を再度食べさせて成長を促して、体を少し大きくしてから秋の本格的なトレーニングへ移行しようと思っています。(2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    あー、ドゥラメンテか。最後までわからない種馬だったな。いいとは思っていたし、実際によく走ったんだけど、特徴をつかみきれなかった。一つ言えるのは、歩かせてシンプルに柔らかい馬は芝で走ったね。

    椎名

    大物を次々と出しましたからね。この世代がラストクロップになってしまうのは非常に惜しいですね。

    弥永

    硬くてもダートで走ったもんな。それで言うと、この馬はそのタイプかもしれない。腰回りから棒立ち気味だから芝向きのバネがある感じは受けないし、歩かせてみると後ろの管が戻り切らない。母系はダート?

    椎名

    お母さんは社台ファームが導入したアメリカ産馬ですね。

    弥永

    だとすると、そっちが出てる気はするね。バランス的にはそんなに悪くない。瞬発力がある感じは受けないけど、このくらいの形ならダートで結構走っちゃうかもしれないな。

    椎名

    クラシックを想定していた馬ですけど、来年からダート路線も充実しますからね。どちらでも走ってくれれば文句はありません(笑)。馬体のつくり以外に芝、ダートの適性を判断する基準はどの辺ですか?

    弥永

    ダートで上級に行く馬たちって、1歳の夏から秋にかけてはもっさりしていて皮膚が厚い馬が多い。そういう馬は芝で走らせてはいかんなと思うけど、この馬はそこまでではないね。

    椎名

    芝でも走れそうということですね。両方走ってくれれば言うことはありません(笑)。

    弥永

    ドゥラメンテ産駒は胴がスカッとしていない馬が多い。分厚く見えるんだけどそれで結果が出てるからね。悪いってことは全然ないんだけど、ステージがどこかなって考えるとダートの方がいいのかなと思うね。

    椎名

    芝からスタートして、ゆくゆくはダートに転向して世界を目指しますか。今や日本馬がサウジカップやドバイワールドカップを勝つ時代ですし、血統からもスピードの持続力を感じますからね。

    弥永

    夢は大きく、だな(笑)。後ろの管が戻れば、いい馬だな、買いたいなってなるけど、だいたいの馬はこんなものだよ。砂なら問題ないし、つぶしは利く。結構頑張ってくれるんじゃないの?

    続きを読む

    募集は終了しました

    ダイヤの原石を見つけるのは難しいんだよ (旧ロスヴァイセ2022) Reine Liebe

    ライネリーベ

    2023年7月18日撮影

    ノーザンファームYearling・藤春淳厩舎長

    夜間放牧を続けながら馴致をしています。洗い馴致はもう済みましたので、これから鞍付けをして、ロンギ場でコミュニケーションを密に取っていけるような取り組みをしていきたいと思います。少し成長が遅いのかなと見ていますので、育成厩舎への移動は恐らく8月の末ぐらいになると思っています。セリが終わって落ち着いていますし、変にピリピリ、カリカリするところもなく、牝馬としては堂々としています。それでいてオンとオフがしっかりしているので、ただ大人しいだけの馬ではない感じですね。(2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    当クラブで初めて扱うことになったサトノダイヤモンド産駒です。いかがでしょうか?

    弥永

    あー、なるほどね。はいはい。ダイヤモンドはわからないもんな。やたら胴が長くて、腰がついていかない馬が多い。この馬も背中が長い。長いと疲れるんだよな。

    椎名

    全身の連動性を考えると、胴が長いとロスがありますもんね。サトノダイヤモンド自身は胴長でありながらあれだけ走ったわけですが、筋肉の質が良かったんでしょうかね?

    弥永

    そうだろうね。あの馬は異質だったよ。あんな体形で走れる馬は日本にはそうはいない。恐らく排気量が相当あったんだろうな。子供も見栄えのいい馬が出てくるんだけど、見栄えに負けちゃうところがあるよね。見た目がすごい、走らせてもすごいという馬が、これから出てくるかどうかだろうね。

    椎名

    その期待を込めつつ、もう一度じっくり見ていただけますか?

    弥永

    パッと見は悪いことはないけどね。うーん、背中は水平だな。水平の背中は腰に負担がかかる。ただ、現時点ではまだ腰が高いからね。これが成長していってどうなるかだね。

    椎名

    実はこの馬、血統的にもう一つ特徴がありまして、スキルヴィングの妹なんですよ。

    弥永

    あー、あの馬ね。こんなにクタクタしてたら競走馬にならない、こんなひどい馬はいないって、2連勝しても笑ってたんだよ。でも、青葉賞の頃には変わってたんだよな。で、これは走るなって思った。

    椎名

    成長力がある血統なんですね。同じ木村厩舎ですし、評価を下げ過ぎると弥永さんが笑われちゃいますよ。

    弥永

    スキルヴィングを1歳で見たら恐らくけなしていたと思うけど、持て余し気味の体であれだけ走れたんだからこの血統は能力があるのかもしれない。この先の成長を考えると現状はこれくらいでいいのかもしれないよ。

    椎名

    だいぶ上方修正されましたね(笑)。来年、再来年の美浦トレセンで、弥永さんをうならせる馬になっていることを期待しましょう。

    続きを読む

    募集は終了しました

    レイデオロは●●があるのがいいんだよ (旧レディアンジェラ2022) Rey de Angelo

    レイデアンジェロ

    2023年6月28日撮影

    ノーザンファーム・吉田竜人氏

    育成厩舎に移動してきて、最初はレイデオロ産駒らしい敏感なところを見せていましたが、今はすごく大人しくて素直でいい仔だなという印象です。騎乗馴致を開始しましたが問題はなさそうです。こちらには同時期に1歳馬が4頭来たのですが、その中で一番素直でした。レイデオロ産駒は気性的に若干難しい傾向がありますし、昨年うちの厩舎にいた産駒も危ない面があって、その印象が強くて警戒していたのですが、今のところすごく素直でいい仔です。これからロンギ場で馴致を進めていきます。(2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    レイデオロは今年の2歳が初年度産駒ですね。出足は一息でしたが、少しずつ結果が出てきました。

    弥永

    産駒の出来は思っていたよりいいよ。ばらつきはあるけど、7対3の割合で3くらいはいいのが出てる。

    椎名

    うちも結構いますので当たりが出ると信じております(笑)。どの辺が特徴になりますか?

    弥永

    ポイントはキングカメハメハから受け継いだ硬さ。ちょっと嫌味な硬さなんだけど、これがあってこそいいんだよな。肩の肉が強くて大きいからどうしても前が硬くなる。出が窮屈になる。

    椎名

    硬さはしっかりしているとも言い換えられますからね。柔らかさは緩さとも言えますし。

    弥永

    ものは言いようだよな(笑)。この馬は後ろ脚のバランスが悪くないね。硬さはレイデオロもそうだったから、これで芝が駄目ってわけじゃない。上がり32秒の脚じゃなくて、長く脚を使って34秒というタイプなんだろうね。

    椎名

    持続力タイプですね。先行して長く脚を使うイメージはこちらも持っています。

    弥永

    芝は駄目じゃないと思うけど、駄目だったらダートに向かうって感じかな。キンカメの仔もそうだった。横から見た感じや後ろ姿はいいよ。ただ、トモのヨロ肉も出てダートかな? これだけでかくて体高もあるにしては、首があまり長くなくて太くて、顔もそんなに大きくない。やっぱり瞬発力うんぬんではないんだろうな。

    椎名

    歩いている姿はどうでしょう? なかなかしっかりしているように思いますが。

    弥永

    あー、これを見ると悪くない馬だね。見る人によっては素晴らしいという人が出てくる。相当いい馬と評価される可能性があるね。しっかりしているし、今の時点で470kg近くあって、歩き方にぶれがない。体が強そうだし健康体。いいんじゃないの?

    椎名

    動かしてみていいというのは最高の誉め言葉の気がします。キングカメハメハ、レイデオロに続く、3代連続のダービー制覇を期待しちゃいますよ。国枝先生にダービーをプレゼントしたいですね。

    弥永

    そこまでは言ってないけどな。まあ、国枝さんに会ったら、いい馬だってあおっておいてやるよ(笑)。

    続きを読む

    お兄さん以上に走るかもしれないよ (旧キストゥヘヴン2022) Heavenly Goal

    ヘヴンリーゴール

    2023年6月26日撮影

    辻牧場・東雄吾厩舎長

    馬体重は440kgくらいあります。兄2頭ではどちらかというとエールトゥヘヴンに似ている印象で、前さばきや肩幅の広さが似ていますが、重苦しい感じはありません。背中のラインがきれいな点はキストゥヘヴンの子供に共通するものがあり、タイムトゥヘヴンにもよく似ています。この馬はずっと怪我することなく来て、馬房に入って治療したとか、手がかかった記憶がありません。丈夫ですよ。その中でも一番いいのは蹄ですね。蹄が無事な点は本当に助かっています。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    こちらはロードカナロア産駒。タイムトゥヘヴン、エールトゥヘヴンの全弟になります。

    弥永

    背中はいいね。本当にいい。タイムトゥヘヴンもそうだけど、この馬も背中がいいわ。垂れ尻っぽくて、ロードカナロアらしさもあるね。

    椎名

    ロードカナロアも今の1歳世代で8世代目になるんですね。改めて特徴をまとめてもらえますか?

    弥永

    モーリスにも共通する点なんだけど、飛節が曲がってて、曲がったまま踏み込んで、戻らないんだよな。それでもあれだけ走っちゃう。そういう馬ってなかなかいなかったからマイナスだと考えていたんだけど、結局は今までいなかっただけで悪いってわけじゃないのかもしれない。

    椎名

    新しい競走馬のモデルになりつつあるのかもしれないですね。この馬の個体はいかがでしょう?

    弥永

    あー、立ち姿は全然いいよ。繫(つなぎ)もこれくらいならいいもんな。歩いても随分しっかりしてる。これは上よりいいんじゃないの? タイムトゥヘヴンはきれい過ぎた。悪くないんだけど男馬にしてはワンパンチ足りない印象があった。それよりもしっかり、がっつりしてるもんな。うん、間違いないわ。

    椎名

    タイムトゥヘヴンより走るならGI級ってことになりますけど、大丈夫ですか? 男に二言はないですよ?(笑)

    弥永

    普通に走ってくるよ。能力的にどこがてっぺんになるかはわからないけどね。飛節が戻らないから距離には限度がある。でも、マイラーとしては嫌なところは全くない。マイルを目指すとすれば文句はないね。

    椎名

    トップマイラーを目指せそうですね。飛節の話は興味深いですが、そういう種牡馬はほかにもいるんですか?

    弥永

    キタサンブラックも多いんだよ。イクイノックスも飛節が戻り切らなかったけど、今は戻るようになってトモ脚に伸びが出るようになった。逆にロードカナロア産駒のアーモンドアイは伸び切らないままだった。あれはなんで走ったのかいまだにわからない。まあ、究極的には馬はなぜ走るかわからないんだけどな(笑)。

    椎名

    このコーナーの趣旨を否定するような発言ですが(笑)。でも、この馬がいいのはよく伝わりました。

    弥永

    いいんじゃない? しっかりしてるから意外と先行タイプに育つかもしれないね。

    続きを読む

    ちょっと昭和の香りがするんだよな (旧ファイナルドリーム2022) Obsidiana

    オブシディアーナ

    2023年6月26日撮影

    辻牧場・東雄吾厩舎長

    中間育成は順調で、もうすぐ育成に移動できるくらいまで来ています。こちらでの馴致は最後の洗い場くらいなので順調に来ていると思いますし、怪我などがなければいつでも育成に行けるのではないかと思っています。タイプとしては兄のトラウムライゼとはちょっと違いますね。お兄ちゃんはこの時期に470kg近くありました。この馬は現状440kg程度なので、コンディションが低いわけではないですが、欲を言えば育成に送り出すまでにお尻の方にもう少し筋肉が欲しいなと思っています。 (2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    これは牝馬か。背中が短めでコンパクトにまとまっているけど、速さはなさそうだね。スピードタイプって感じじゃない。前の繫(つなぎ)が寝て長めだね。この形だと前脚を大きく伸ばして走るようになるね。

    椎名

    跳びが大きいフォームになりそうということですね。父はこの世代が初年度になるナダルです。

    弥永

    ナダルの子供はどこかで見た気がするな。ちょっと覚えてないけど。この馬はさばきが軽いけど、特徴がそこまで見えない。切れるって感じは受けない。脚長でこういうタイプに出るのかな? 腰が高くてまだ弱いね。青鹿毛だけどお父さんが黒いの? お母さんが黒鹿毛か。じゃあそっちが出てるのかもな。

    椎名

    特徴がつかみきれないと。ナダルはシンボリクリスエスと同じクリスエスの直系で、日本で成功しているロベルト系なので個人的には非常に期待しているんですが。

    弥永

    どうなんだろうな。タイプとしては正直わからない。距離は持つかもしれないけど、個人的に買おうという気にはならない。ただ、男馬なら走らないって言っちゃうんだけど、牝馬って違う部分で走るからね。いい馬は当然走るんだけど、えっと思うような馬でも結果を出す馬って結構いるから。

    椎名

    気で走るってことですね。その点で言うと、この馬はなかなか気が強いところがあるようです。

    弥永

    競馬でやめないようだったら、実戦に行っていいと思うけどね。ただ、まだ成長途上だろうね。芯が入っていない。歩いている姿を見てもまだまだこれからだね。

    椎名

    なかなかトーンが上がってきませんね。国枝厩舎の牝馬でナダル。僕は楽しみにしてますよ。

    弥永

    まあ、故障は心配ないかな。軽い走りにはなりそうだよね。ひょっとしたらフォームが大きく跳べるかもしれないしな。ただ、繫の長い馬って、最近は走る馬がなかなか出ないのよ。昭和は出たのよ。トウカイポイントって馬がいて、驚くくらいクッションが長くて跳びが大きい馬だったな。

    椎名

    後藤厩舎のトウカイテイオー産駒でマイルチャンピオンシップを勝ちましたね。懐かしいな。シンボリルドルフ、トウカイテイオーの血はつなげたかったですね…って、感傷に浸るところじゃないので、まとめてもらえますか?

    弥永

    うん。要するに今後の成長次第かな(笑)。

    続きを読む

    募集は終了しました

    馬も人も健康なのが一番だよ (旧ミスラゴ2022) Aztlan

    アストラン

    2023年6月26日撮影

    辻牧場・東雄吾厩舎長

    ミッキーアイル産駒はややコンパクトに収まるところがあり、この馬も最初は体がちょっと短いというか詰まっていたので、やっぱり短距離っぽいのかなと思っていたのですが、少し伸びが出てきました。この後どこまで成長するか楽しみですね。今は暑さで疲れている様子もありますが、将来的に本州に行くことを考えると慣れてもらわないといけないですし、その点はケアしながらやっています。ミッキーアイル産駒は気性面がポイントになりますが、この馬はそんなにうるさくないですし、全然手がかからないです。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    こちらはミッキーアイルの牡馬です。第一印象はどうでしょう?

    弥永

    この馬はどこで買ったの? へー、セレクトセールか。うーん、味がないな。特徴がない。何と言ったらいいんだろうな。まあ、正直なところ微妙だな。

    椎名

    何と言ったらいいかという割に、はっきり言ってますけど(笑)。お母さんは社台ファームにいた血統で、半兄のバックスクリーンはうちで2勝してるんですよ。その縁もあって当歳で買いました。

    弥永

    それは失礼。でも、この馬がセリの展示で並んでいたら、俺なら素通りしちゃうな。上がいるとか、なじみのある血統ならわからなくもないけど、先入観なく見たら手が伸びない。

    椎名

    それだとちょっとまずいので、何とかいいことを言ってもらっていいですか(笑)。ミッキーアイル産駒は結構活躍馬が出ていますが、どんな特徴がありますか。

    弥永

    一本調子な馬が多いよね。体にボリュームがあって肉厚。胸前が深くてお尻が大きくて、見栄えする馬が多い。ダートの短距離向きのがっつり系が多いけど、たまにメイケイエールのような芝向きの脚の長いタイプも出る。道悪はこなすし、ダートもいいかもというところだね。

    椎名

    現状はミッキーアイルの要素もあまり感じられないということですかね。でも、ここから成長するのがこの血統ですから。2歳、3歳と年齢を重ねるうちに味が出てくると思いますよ。

    弥永

    今のところ、新馬から本命を打つイメージは湧かないな(笑)。ミッキーアイルの速さがあれば別だし、スタートが良くて前に行けるなら、それなりにやれるんだろうけど。脚元は大丈夫そうだね。頑丈は頑丈か。

    椎名

    お兄さんは走るごとに力を付けて5戦目で初勝利を挙げました。故障せず鍛えていければチャンスは出てきますからね。弥永さんの見立てがいい意味で外れるんじゃないかと期待しています。

    弥永

    そうだな。馬も人も健康なのが一番。素通りした俺を大いに見返してくれ(笑)。

    続きを読む

    募集は終了しました

  • この手のキズナ産駒は●●なんだよ (旧シスタリーラヴ2022) Ligare

    リガーレ

    2023年7月7日撮影

    矢野牧場・矢野亨憲場長

    ちょっと奥手の気がある血統で、春先はひ弱な感じがして心配しましたが、今は雲泥の差というくらいに良くなってきました。骨量があってバランスも整ってきたので、いい状態で育成先に送り出せそうです。ディープモンスターはちょっと華奢な感じで、グランデスフィーダは幅のあるタイプでしたが、この馬は2頭のいいとこ取りの弟という感じがします。第一印象だけ良くてその後が案外という馬もいるので、その点で変わってきたのはいいと思いますし、素質があるんだと思います。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    キズナの仔でこのパターンは多いんだよな。前が月型。悪いわけじゃないけど、あんまりいいイメージがない。

    椎名

    前膝から下が少し反ったような形状ということですね。

    弥永

    そう。キズナ産駒はいるんだよ。まあ、キズナに限らず、芝で活躍した馬であまりこの形は記憶にない。どちらかというとダートになっちゃうね。まあ、キズナはそれで潰しが効くからね。

    椎名

    お母さんはアメリカ血統ですし、キズナはダートの上級馬も出ますし、ダートで上を目指すのも悪くないですね。

    弥永

    体はでかくて…うん、健康ならワンペース型になって、最高を目指せばサウジかドバイか。この手の馬はいるんでね。走ったって驚きはしないよ。砂の中距離、1800~2000mくらいで走って味が出るんじゃない?

    椎名

    サウジカップとドバイワールドカップを勝ったらいくらになるんですか。弥永さんのギャラも上げますよ(笑)。この馬はディープモンスターの半弟なんですけどね。

    弥永

    あー、自分のところの。あの馬はディープインパクト産駒にしては格好良すぎるもんな。ディープでああいう馬が出るなら、ダート血統を付けてダート向きにした方がいいのかもな。

    椎名

    ディープインパクトの仔で、ダート適性もあるキズナとの配合は合う可能性がありますね。ダートをにらみつつ、芝でもパワーとスピードで結構やれそうな気もしますが。

    弥永

    そうだね。ただ、スローの瞬発力勝負は苦手だろうね。芝が駄目なんじゃなくて、ワンペースで押し切れる洋芝とかそういう舞台が向くんじゃないの?

    椎名

    弥永さんはキズナ産駒の見立てには自信があるということでしたからね。2年前に褒めていただいたグランベルナデットは忘れな草賞を勝ってくれましたし、この馬の活躍も楽しみにしております。

    弥永

    忘れな草賞? オープン勝ったの? すごいじゃん。どこの厩舎?

    椎名

    美浦の大竹厩舎ですよ。今度ちゃんとチェックしておいてくださいね(笑)。

    続きを読む

    いい馬なのは間違いない (旧サマーハ2022) Julnar

    ジュルナール

    2023年7月18日撮影

    ノーザンファームYearling・渡邉勝也厩舎長

    セレクトセールの期間中はちょっとピリつくところもあったんですが、セリが終わって大人になったというか、だいぶスムーズな馴致ができるようになってきました。うるさいところはないですし、食欲も旺盛すぎて困るくらいです。現在は452kgで、夜間放牧と鞍付け馴致を行ってウォーキングマシンにも入れています。ロンギ場にも週に1回入れて動かしており、うちでは一番というくらいのメニューを課していますが、体力があって全然へこたれません。育成厩舎へスムーズに移動できそうです。 (2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    こちらは去年褒めていただいた矢作厩舎のサマーハの仔の妹になります。

    弥永

    外国で買ってきた馬か? あー、セレクトセールの馬か。うん、パッと見ていい馬なのは間違いない。どこまで走ったら正解かというのは求める基準によるけど、ある程度走るのは確かだと思うよ。

    椎名

    サマーハの仔はいい馬が出るんですね。詳しく解説していただけますか?

    弥永

    しっかりしてるし、骨が太くていいな。この手のタイプはマイル以上とは言わないけど、脚が長くて距離も持っちゃうのかな。現状はトモ高でお腹に遊びがないけど、マイラーと見れば下手は打たないよ。評価できる馬。

    椎名

    お兄さんはリアルスティール産駒なんですよ。こちらが昨年の写真ですが、思い出しましたか?

    弥永

    お兄さんの方がいいな(笑)。上はスカッとしてていい馬だよ。でも、この馬も全然悪くない。腰の面積がでかいし、かなり走っても驚きはしない。ロードカナロアでいい形に出ればやっぱり走るもんな。

    椎名

    血統的な良さが馬体にも出ているようで安心しました。あとは活躍を待つだけです(笑)。

    弥永

    上質の馬だよ。芝のマイルくらいのイメージだけど、脚が長くて軸がぶれないから。2000mとかそれ以上でも走っちゃうかもしれない。仕上がりも手間がかかりそうにないな。

    椎名

    コメントを額面通り受け取ると、阪神ジュベナイルフィリーズから桜花賞、オークスへと期待できそうですね。仕上がりやすくて、脚が速くて、うまいこといけば距離もこなす。最高じゃないですか。

    弥永

    牛丼みたいに言うんじゃないよ(笑)。さっきも言ったけど、どこまで行くかはわからないけど、ある程度のところまでは行ける馬。あとはどこまで行けば成功と見るかってところじゃないの。

    椎名

    健康で無事に走ってくれれば。それだけです。はい。

    弥永

    随分と殊勝なことを言ってるじゃないか。俺にはそろばんを弾いてる顔にしか見えないけどな(笑)。

    続きを読む

    相当走るサートゥルナーリアだよ (旧モルガナイト2022) Cesian Beryl

    セシアンベリル

    2023年6月28日撮影

    ノーザンファームYearling・越智康博厩舎長

    夜間放牧を連日行っており非常に順調です。既に鞍付けの馴致などは始めており、最初はやや敏感に反応するところもありましたが、今は素直に受け入れて問題なく鞍付けを行えています。馬体重が10kg、20kgともう少し増えてくれるとよりいいかなと思いますが、イヤリング厩舎で長期間成長を促すほどではないですし、そんなに長く待つことなく育成厩舎へ移動できると思います。これからの成長に伴って、恐らく体に幅が出ると思いますし、筋肉もしっかり付いてくると思います。(2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    この馬のきょうだいって走ってる?

    椎名

    お兄さんはブラックスピネルで、東京新聞杯の勝ち馬です。クリソベリル、クリソライトにマリアライト、ダンビュライト、古くはアロンダイトもこの一族です。

    弥永

    なるほどね。これね、相当いい。相当いいわ。何の子供なの? サートゥルナーリアか。

    椎名

    ちょっと声のトーンが変わりましたね。母系もいいですが、お父さんも走る子供を出しそうですか。

    弥永

    サートゥルナーリアは緩い体のまま引退しちゃったから、子供がどうなるのかと思っていたんだけど、何頭か見た中でしっかりしたのが出てきた。悪いのも出てるけど、相当走る馬も出る。ホームランが出るわ。

    椎名

    この馬は相当走る部類に入っているということですね。期待が高まります。

    弥永

    まず形が相当いい。芝向きの瞬発力があって、しかも速い時計で走れる形。ボディーは中くらいだけど恐らく軽いな。首さしの感じや長さもちょうどいいし、キ甲から背中、腰にかけての盛り上がりもいい。お尻の下がり方も少なくてバランスがピカイチ。素晴らしい。

    椎名

    手放しで褒めてもらえるのは3年目で初めてのような気がします。

    弥永

    いい馬だよ。体が柔らかいし、手先の返りも柔らかいし。これは馬主さんに薦めるよ。もし、ディープインパクトの女の仔だったら、1億いっても買いましょうかと言うね。

    椎名

    だとしたら、なかなかお得な馬ですね。通貨単位に触れてないのが、一抹の不安ではありますけど(笑)。

    弥永

    真面目に褒めてるんだから茶化すんじゃないよ(笑)。うん、リラックスしてる時もいいね。体重移動がなくて前にも寄りかからないし。これは悪くない。楽しめるよ。

    椎名

    競馬界のスナイパーと化した姿を初めて見ました。狙いすました一撃を期待しております。

    続きを読む

    募集は終了しました

    どっちに転ぶかだけど楽しめる馬だよ (旧レインオンザデューン2022) King Squall

    キングスコール

    2023年6月22日撮影

    飛野牧場・飛野正昭氏

    小さい頃からものすごく雰囲気のある馬で、そのまま順調に良くなってきています。馬は成長過程の途中で形が崩れやすいものですが、この馬はそういったことがほとんどありませんでした。走る馬はみんな雰囲気を持っています。うちで重賞を勝った馬も普通の馬より余計なことをせず、友達にからかわれてもあまり相手にしないといった面がありましたが、この馬もそういった雰囲気を持っています。馬体は今年のうちの1歳で一番大きいくらいなので、育成にいつ移動しても問題はありません。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    これはドゥラメンテか。あー、もうパッと見で芝の1800mとか2000mを走ってる姿が浮かぶね。

    椎名

    芝の本格派のドゥラメンテ産駒ですか。これは楽しみですね。

    弥永

    そう。芝を走るドゥラメンテの代表的なタイプなんだけど、ただ、どこまで走るかわからないんだよ。スコーンと上まで行くのか、2、3着が多くてなかなか勝てないタイプになるのか。よくいるじゃない。

    椎名

    惜しい競馬をするけど、なかなか勝ち上がれない馬っていますね。巡り合わせもあるんでしょうけど。

    弥永

    馬はいいよ。繫(つなぎ)は前が少し寝て、両方とも長めで柔らかくて、しなやかで腰がしっかりしてて皮膚が薄くて、胴が厚くてボリュームがある。後ろから見ると少し細いかな。でも歩かせるとトモがついていって。左の飛節が入り過ぎてるかな…。でも、返ってくるから競馬に行けば走れる。ドゥラメンテの芝で走る馬だよ。

    椎名

    ドゥラメンテで芝ならクラシックという話になりますが、期待していいですか?

    弥永

    そこはわからない。無事ならクラシック路線に乗っておかしくはない。ただ、さっきも言ったようにひょっとしたら未勝利で2着10回かもしれない。高くていい馬で、そういう馬はいる。そのパターンなんだよ。王道路線に乗るか、意外と勝てないで、いじいじとするか。紙一重のところがあるからね。

    椎名

    歯車がかみ合わずに大成できなかった素質馬って、少なくないですもんね。そこは矢作厩舎ですから、うまくレースを選んでくれるでしょう。

    弥永

    どっちに転ぶかわからないけど、競馬を見て何だとがっかりすることはないと思うよ。背中の角度、キ甲からの角度もいいし、柔らかい。悪いところはないし、楽しめる馬だと思う。芝の中距離OKってことで、夢を買えるんじゃない?

    椎名

    この評価を伺ったのは募集前なんですけど、募集開始と同時に満口になりました。会員さんの眼力もさすがですね。クラブとしては責任重大ですが、皆さんの評価に合った活躍ができるように頑張ります。

    弥永

    随分と置きにいったコメントだね(笑)。まあ、頑張ってくれよ。

    続きを読む

    募集は終了しました

    こういう馬が一番いいのかも (旧リリーオブザヴァレー2022) Lily of the Heart

    リリーオブザハート

    2023年7月28日撮影

    日高社台ファーム・宮坂義人厩舎長

    現在はウォーキングマシンや、厩舎の廊下で人を乗せて騎乗馴致を行っています。馴致では大人しいのですが、寂しがり屋なところがあって馬見せなどではテンションが上がってしまいます。ちょっとうるさい血統だとは思いますが、人の言うことは聞いていますし、他の馬と一緒にいれば悪さを見せないので、これから集団で行う調教では大人しくできるのではないかと思います。馬体は順調に大きくなっているので問題ありませんし、血統的に走ってくれるのではないかと期待しています。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    垢抜けてるね。後ろから見て脚が真っすぐだったら上級の馬だ。うーん、ちょっと外に向いちゃってるかな。外向か。でもあまり関係ないよ。いいんじゃない? これは結構いい値段がするんじゃない?

    椎名

    青葉賞を勝ったヴァンキッシュランの半妹です。父はブリックスアンドモルタルです。

    弥永

    ブリックスアンドモルタルの仔って、縁がなくて見てないのよ。だから全然わからないんだけど、いい種馬なの?

    椎名

    6月の東京と阪神で新馬勝ちをして話題になりました。弥永さんはその頃、北海道に行っちゃってましたもんね。

    弥永

    そう。競馬を使った馬も見たことないのよ。たまたま目の前にいないから。北海道にもいたことはいたの? でも、悪いけどちゃんと認識してなかったな。

    椎名

    父の産駒の傾向は置いておくとして、この馬の個体はどうですか?

    弥永

    いいよな。全体的に悪くなくて。こういう馬が一番いいのかもわからない。いい意味で突出したものがなくて。何がいいっていうんじゃなくて、全体にレベルが高いんじゃないの?

    椎名

    総合的にいい馬ということですね。兄姉はコンスタントに活躍していて、3勝以上マークした馬が3頭もいますから、お母さんのアベレージが非常に高いということなんでしょうね。その3頭は全て2400m以上で勝っているのも特徴なんですが、この馬も距離は持つタイプと考えていいでしょうか?

    弥永

    距離は全然大丈夫だよ。改めて見ても、これ、馬はいいよ。形はいい。合格点。クラシックに乗っても驚きはしない。いいね、ブリックス何とかアンドモルタル。

    椎名

    何とかはいらないですよ(笑)。そういえば、ブリックスアンドモルタル産駒は去年見てもらってましたよ。スマイルコレクターという馬で、スピードタイプと評価してましたね。

    弥永

    そうだったか(笑)。だとしたら、いろんなタイプが出てくるのかもしれないね。この馬は距離はOKだよ。

    椎名

    わかりました。オークスを目指して頑張ってもらいましょう。

    続きを読む

    お金を稼げる馬かもしれない (旧アイアムカミノマゴ2022) Camino Real

    カミノレアル

    2023年7月21日撮影

    矢野牧場・矢野亨憲場長

    生まれた時から品のいい馬でしたし、体に厚みが増してきました。この世代でどの馬を品評会に出すかと言われたら間違いなくこの馬を選ぶくらい、うちの1歳世代の中ではグッドルッキングですね。性格は大人しいですよ。エピファネイア産駒なのでもっとピリピリしていてもいいかなと思うんですが、いい意味で大人しいです。馬っ気が強いくらいで、特に人の手を煩わせることはありません。乗り出したら変わってくるのかなとも想像しますが、多分コントロールの利く馬なんだろうなという気はします。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    エピファネイアはだいたい三つくらいに分かれるんだけど…。あー、こっちのパターンだな。これはでかくなるな。うん、これはエピファネイアの走らないパターン。

    椎名

    のっけから厳しいコメントですね(笑)。馬っぷりはいいと思うんですが、どの辺がお気に召さないですか?

    弥永

    芝のクラシック向きではないということ。エピファネイアはダートの短いところがいいなと思う馬が結構いるんだけど、どうしても値段が高いから芝の王道路線に行かせちゃうじゃない。それで条件が合わなくて、結果が出ないってなりがちなんだよな。使うところが間違ってるんじゃないかと思う。ダートの1200mだったら全然いいよ。

    椎名

    エフフォーリアやデアリングタクトでイメージが固定されちゃいましたけど、ロベルト系ですからダート馬が出てもおかしくないんですよね。まだダート重賞を勝った産駒はいないんですけど、これから出てきそうですね。改めて伺いますが、クラシック路線では難しそうですか?

    弥永

    これは無理だ(笑)。でも。ダートの短いところなら生きる道が出てくるし、ある程度の馬になるかもわからない。牝系はダートの短いところなんじゃない? やっぱり。それが出ちゃってるもんな。肉付きがしっかりしていて520~530kgになりそう。もう少し背があってもいいけど、でも骨がしっかりしてるし、脚が短いのもダートならいいよ。

    椎名

    条件がかみ合えば上のクラスでも戦えそうですね。

    弥永

    最初からダートの短いところを使うなら納得。ステージがどんぴしゃに合えばある程度活躍できるかもわからない。胴が上下に厚くて、太いんじゃなくてそういう骨格なんだよな。クラシックうんぬんってタイプじゃないけど、カペラステークスとかそういうところに行ければな。お金を稼ぐという点なら稼げる馬じゃないの?

    椎名

    お金を稼げる馬。いい言葉をいただきました(笑)。短距離ダートのトップクラスなら長く稼げますもんね。

    弥永

    こういう馬は骨瘤とか出るかもしれないけど、がっつりとした脚だから骨は大丈夫だと思う。ステージさえ間違えなければ頑張ってくれるよ。ただ、クラシックの夢は見ちゃいけないよ。

    椎名

    肝に銘じます(笑)。これでカペラステークスを勝ったら、カミノ声として弥永大明神を崇めますよ。

    続きを読む

    男馬と言われても違和感がないね (旧オーサムフェザー2022) Mistral Feather

    ミストラルフェザー

    2023年6月28日撮影

    ノーザンファーム・佐藤洋輔厩舎長

    同時期に来た3頭の中では一番大人しくて素直な印象で、イヤリングでしっかり手をかけてきてくれたんだなと感じます。育成厩舎に来ると環境が変わってストレスがかかり、20kgくらい体重が減ってしまう馬もいます。ロンギ場に入れる前に体重が若干減って、また少し増やしてロンギ場に入って減ってというサイクルになることが多いです。この馬は鞍付けを開始してサイドレーンも装着して、間もなくロンギ場に連れていって乗ってみようかなというところですが、今のところ問題なく来ています。 (2023年7月29日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    オーサムフェザーって聞いたことがあるな。あー、スーパーフェザーのお母さんね。スーパーフェザーはディープインパクト産駒だったっけ?

    椎名

    そうです。4勝を挙げてオープンで活躍しました。本馬はモーリスの子供になります。

    弥永

    モーリスはこうだよな。皮膚がボテッとして。輪郭はモーリスが出ているだろうね。

    椎名

    いいところはありそうですか?

    弥永

    しっかりしてるね。後ろの骨もがっしりしてるしね。スーパーフェザーより、こっちの方がいいな。実戦で結果が出そう。まとまってるし、弾力もボリュームもある。骨がしっかりしていて、歩きもぶれないしな。

    椎名

    ボリュームがある馬なんですけど、実は牝馬なんですよ。

    弥永

    牝馬? 随分と立派だね。男馬と言っても全然違和感がない。見た感じは優に500kgを超えてくる。弾丸タイプで、いい方に出れば相当な快速ぶりだね。マイラーかマイル以下という形になるけど。

    椎名

    モーリス産駒は距離をこなす馬も出てきていますが、この馬は距離適性は短めということですね。

    弥永

    そう。モーリスは正直なのよ。体つきに出ちゃうからね。これは持たない。持たないっていう言い方はおかしいかもしれないけど、ベストではない。マイラータイプ。

    椎名

    牝馬ですから、マイルをこなしてくれれば十分に大舞台で楽しめます。

    弥永

    全体的に遊びがないけど、後ろと前をつなぐ背中のラインはきれいだし、腰も背中もいい。ちゃんとシルエットが出てる。桜花賞に出てもおかしくはないんじゃない?

    椎名

    期待が持てそうですね。馬格通り、男勝りのトップマイラーになってもらいましょう。

    続きを読む

    何となくだけど白毛は蹄が薄いんだよな (旧ウアラネージュ2022) Eclat de Neige

    エクラドネージュ

    2023年6月26日撮影

    辻牧場・東雄吾厩舎長

    今は充実期に来て体の張りがありますし、コンディションが上がってきているので、そろそろ育成牧場に向けての馴致を進めていきたいと思っています。うるさいとか危ないといった目に遭ったことはないので、順調に引き継ぎができるようにするだけです。鞍付けをするとちょっと性格が変わる馬もいるので、そうなった時にどこまで素を出すかですが、ここまでは順調に来ていると思います。白毛で洗われるのに慣れていて、洗いのリードホースといった感じで引っ張ってくれるので、すごく助かっています。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    椎名

    こちらは見ていただくとわかるのですが…。

    弥永

    おっ、白毛か。何となくだけど白毛は蹄が薄い印象があるんだよな。だからどうということはないし、能力とは関係ないんだけど。これはどこで買ってきたの?

    椎名

    庭先で手に入れることができました。白毛ならではの傾向があるということでしたが、見方はどうですか? 白毛特有の見方があるとか?

    弥永

    いや、何もないよ(笑)。うーん、この馬は成長や仕上がりは早そうだね。ただ、左前から右トモにかけてのラインが少し甘いかな。

    椎名

    ミッキーアイル産駒は一本調子なところがあるということでしたが。

    弥永

    そう。短足でダートの短距離向きが多いけど、芝向きのスピードを受け継いだ馬は結構走る。メイケイエールは脚長でシャープだし、ナムラクレアもそうだもんね。そうすると芝で走る。

    椎名

    脚が長くてシャープでも短距離向きが多いですよね。

    弥永

    一生懸命走るんだろうね。元気のいいところがあるから、気性的に短いところ向きなんだろう。

    椎名

    この馬はソダシ、メイケイエールの近親で、メイケイエールと同じミッキーアイル産駒なんですよ。走る要素満載じゃないですか? ソダシはどの辺が良くてあれだけ走ったんでしょうか?

    弥永

    正直わからない(笑)。いい馬と思ったことはないんだ。だから、結局は馬はわからないって話になるんだけど。

    椎名

    ソダシから話を広げるつもりだったので、ずっこけてしまいましたけど、演出なし、忖度なしが売りのコーナーですからね。グッと歯を食いしばって仕上げますよ。まとめてもらえますか?

    弥永

    うん、割とシャープに出ている。芝のスピードタイプじゃない? 俺が言えるのはそこまでかな(笑)。

    続きを読む

    募集は終了しました

    化けるとすれば●●の舞台かな (旧ラヴインザダーク2022) Love and Hope

    ラヴアンドホープ

    2023年6月26日撮影

    坂東牧場・岡本渉マネージャー

    こちらに到着した時から結構サイズがあるなと思いました。この大きさで胴が詰まってしまうとあまり良くないのですが、これくらい伸びがあるとだいぶいいなと感じます。胴に伸びがあるので窮屈に見えないのはいいですね。こちらに来て間もないため、慣れないこともあるのか飼葉を食べるのに少し時間がかかっていますが、必要な量はきちんと食べていますし、精神的にはあまり動じていないような感じがします。同じ放牧地の仲間とも、打ち解けるまでそれほど時間はかからなかったです。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    6月くらいで450kgあると、競馬で490~500kgまでいきそうだね。モーリス産駒と言われれば、あー、モーリスかとわかる。

    椎名

    牝馬なんですよ。なかなか馬っぷりがいいでしょう?

    弥永

    へー、牝馬か。シルエットはいいね。キ甲から背中、腰までのラインがいいな。この部分は成長しても崩れない。背中と腰がちゃんとしてないと腰に疲れが出ちゃうからね。

    椎名

    ルックスは合格点と。歩かせてみるとどうでしょう?

    弥永

    飛節は少し入っている。モーリスは8割から9割が入っちゃうんだけど、入っていてもちゃんと蹴れるもんな。バネがあるし、厚みもあるし、馬体のボリュームもあるし、いいモーリスだ。

    椎名

    なかなか評価が高いですね。

    弥永

    後ろから見ても軸がぶれてないし、この時期にしては歩様がしっかりしてる。嫌なところはない。欲を言えばもっと脚が伸びればいいけど、モーリスはこれでOK。恐らく仕上がるのに時間はかからないタイプだろう。

    椎名

    早くから活躍できそうなのはいいですね。距離適性はどうでしょう。

    弥永

    明らかに芝のスピードタイプでマイルはいいだろうね。体に遊びがなくて全身が一緒に動く。ということは走らせるとマイルとか1800mがベストになるんだろうし、化けるとすれば距離を延ばしてというより、むしろスプリントだろうね。

    椎名

    モーリスのスピードタイプですね。将来的にはスプリンターズステークスを勝ったピクシーナイトのようになってくれたらうれしいですね。

    弥永

    そこまで行けるとは言ってないけどな(笑)。まあ、いくつか勝つのは難しくない。いい馬だと思うよ。

    続きを読む

    お父さんに似ているところはあるよ (旧エスジーアンクル2022) Pertinax

    ペルティナクス

    2023年6月26日撮影

    辻牧場・東雄吾厩舎長

    だいぶ充実していい馬になりました。馬体重は451kgです。少しずつ兄が活躍してきているので期待が膨らみます。上はダートの短いところから中距離まで走っていますし、この血統自体はローカルのダート1700mのスペシャリスト的なところがあるんですが、キタノコマンドールの血が加わってどうなるか興味があります。歩きを見ていると芝で使いたいなと夢を見ますね。エスジーアンクルの子供が走り出したタイミングですので、この馬もいい走りをしてくれるのではと期待しています。(2023年7月31日)

    -弥永×椎名の馬体診断 ここだけのハ・ナ・シ

    弥永

    キタノコマンドールか。自分のとこの馬だな。体つきはよく覚えてるよ。いい馬だったからな。

    椎名

    クラブ初期の功労馬ですからね。皐月賞で5着に入ってダービーに行ったのを思い出します。もう子供が出てくるんですから、時間が経つのは早いですよね。

    弥永

    何を感慨にふけってるんだよ。ボヤボヤしてると馬券もチャンスを逃しちまうぞ。ちょっと待て。このレースは実質3頭立てだから、これとこれで…。

    椎名

    札幌競馬場のレースの合間にお邪魔しているので、文句は言えません(笑)。馬券、買えましたか?

    弥永

    つかないからやめた(笑)。で、どの馬だ。うーん、骨もがっしりしてて、サイズ的に500kg近くまでなりそうだね。パワー型かな。そっちの方面で頑張れるかなということかな。速さは求めない方がいいかもしれないな。

    椎名

    兄2頭が7月になって立て続けに勝ったんですけど、ダート1700mとダート1200mでした。母系からするとダートの方が良さそうですかね。芝でもある程度やれそうな気もしますが。

    弥永

    母系が出てるのかもしれないね。ただ、キ甲から背中にかけてのラインはへこみ気味だね。この点はお父さんもそうだったはずなので、血が出てるんだと思う。体のめりはりはあるな。

    椎名

    牧場でもお父さんに似ていると言われていて、気性もいいみたいです。いいところを受け継いで、クラシック路線に乗ってくれたら最高のドラマになるんですが。

    弥永

    クラブとしてはそうだろうけど、現実と馬券はシビアだからな。キタノコマンドールの血統はいいし、たくさんつければ当たりが出てもおかしくない種馬なのかもしれない。あ、スタートしたからレースを見るな。ん、あれが勝ったか。そんなところだろうな。何、そんなにつくの? 大失敗だ。

    椎名

    競馬界のゴルゴ13も打ち損じるんですね(笑)。今年も鋭い見解をありがとうございました。来年、再来年と答えが出るのを楽しみにしております。

    弥永

    馬はわからないからな。さっきも言ったように、俺からするとアーモンドアイもソダシも何で走ったのかわからない。だから面白いんだろうな。今年も健闘を祈るよ。

    続きを読む
ページTOPへ ページTOPへ

バヌーシーへ入会するには

  • バヌーシー口座の開設が必要です

    WEB上で完結する口座開設手続きの完了をもって入会となります。開設完了後、ログイン情報をお受け取りいただけます。

  • 簡単に出資・配当の受け取りができます

    口座開設費/維持費は無料です。競走馬への出資や配当金の受取はバヌーシー口座で行います。